「朴槿恵があの世に行く日は遠くない」 北朝鮮論説が韓国での暗殺を示唆?

印刷

   韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領をあらゆる言葉で罵倒してきた北朝鮮メディアの論調が、さらに一段階エスカレートしたようだ。北朝鮮は大型旅客船「セウォル号」の沈没事故は、韓国政府の失策が原因だと主張しており、韓国国民の政府に対する抗議活動を積極的に報じている。この怒りの声が高まった結果として、朴大統領が「あの世に行く日は遠くない」と主張しているのだ。

   韓国での暗殺を示唆するとも受け取れる表現で、他国の指導者をこのような表現で罵倒するのはきわめて異例だ。

セウォル号事故が起きたのは「独裁者の子孫を誤って大統領に選んだせい」

   北朝鮮は、これまでも朴大統領に対しては人格攻撃に近い激しい言葉を浴びせてきた。例えば朝鮮労働党の機関紙、労働新聞が2014年4月1日付で「性格の悪い年を取った処女」と表現したのに続いて、4月27日付の祖国平和統一委員会の談話では、

「妓生(キーセン、芸者)の旦那に身を任せて他人を謀略にかけて害するずる賢い売春婦」
「極悪な事大売国奴、醜悪な米国の慰安婦、汚らわしい民族反逆売春婦」

などとセウォル号の事故後にオバマ大統領訪韓を受け入れたことを非難した。

   これらの非難の段階がひとつあがったとみられるのが、朝鮮中央通信が5月27日に配信した論説だ。題して「朴槿恵があの世に行く日は遠くない」。冒頭、

「南朝鮮で起きた旅客船沈没事故は、『維新』独裁者の子孫を誤って大統領に選んだせいで起きた人災だ」

と事故の原因が朴大統領の存在そのものにあると主張。その上で、

「このような殺人政府をそのまま置いておけば、第2、第3のセウォル号の惨事が起こることは火を見るより明らかで、南朝鮮でいつまでも人権不毛の地、生き地獄から逃れることはできないことを確信した各階層の人民は、朴槿恵退陣闘争に乗り出している」

として、韓国の国民が政府に向ける怒りが激しくなっていることを指摘した。

韓国の国民の怒りで「朴槿恵一味に厳しい審判台が待っている」

   さらに、これらの運動が

「人民をだまして人民に背を向けた朴槿恵一味に厳しい審判台が待っていることを予告している」

として、

「父親のように冥土に行く日が遠くないことを明確に示唆している」

と結んだ。朴大統領の父親の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領は、1979年に大韓民国中央情報部(KCIA)の部長に拳銃で暗殺された。北朝鮮の論説では、父親と同様のことが朴大統領に起こることを示唆した形だ。

   現時点では、この論説は朝鮮語でしか配信されていない。

   翌5月28日付の「労働新聞」も「民族的災難の根源である朴槿恵逆徒を断固と取り除くべきだ」と題した論説を掲載し、朴大統領の非難を続けている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中