「ホッカイロ」「アイスノン」でおなじみの白元、民事再生法適用を申請

印刷

   「ホッカイロ」や保冷剤「アイスノン」、防虫剤「ミセスロイド」などで知られる白元(東京・台東区)が2014年5月29日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請、受理され、保全命令を受けた。帝国データバンクによると、申請時点の負債額は255億円という。

   白元は1923年、創業者の故・鎌田泉氏個人経営による防虫剤・防臭剤の製造販売を開始し、50年に法人改組した。72年に白元に商号変更し、「ホッカイロ」「ミセスロイド」「アイスノン」などヒット商品を連発。10年3月期には約332億3700万円の年売上高を計上していたが、カイロ部門の売り上げの伸び悩みと保冷剤部門の売り上げの大幅減で、13年3月期は年売上高約304億8600万円に。第三者割当増資やカイロ事業を興和(名古屋市)に売却するなど立て直しを図ったが、実を結ばなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中