「感情を持ったロボット」SBが発表 15年2月に一般発売

印刷

   ソフトバンクグループは2014年6月5日13時から発表会を開き、世界初の「感情を持ったパーソナルロボット」、「pepper(ペッパー)」を発表した。

   目玉機能は「感情エンジン」と「クラウドAI(人工知能)」だ。喜びなどの感情を数値化して学習する。その学習を、他のロボットともクラウドで共有する機能を搭載している。

   孫正義社長は「今までコンピューターは、計算や記憶、検索など、人間で言うと左脳の役割を担っていた。私は25年ほど前から、感情や創造性など、右脳の働きもするようになると思っていた。我々のビジョンは愛を持ったロボットを作ること。家族の喜びのために、人々の喜びのために、自らの意思で動いてほしい。今日がその第一歩」などと語った。

   開発はソフトバンクから出資を受けた仏Aldebaran Roboticsが、製造は台湾のFoxconnが担当する。

   15年2月に一般家庭向けに発売される。本体価格は19万8000円。ベビーシッターや介護をはじめ、災害救助などの用途を想定している。

   発売に先駆け、全国のソフトバンクショップに順次展開する。14年6月6日からはソフトバンクショップ銀座、表参道の店頭に立ち、来店客を喜ばせるダンスや挨拶、ジョークを披露するという。

   ペッパーに搭載するアプリケーションは開発者から広く募る。夏には表参道、秋葉原に実際にペッパーと触れ合えるアトリエをオープンし、9月にプログラミングツールの公開などを行うイベントも実施する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中