木嶋被告、「ニコニコ」で自伝的小説の連載開始 

印刷

   首都圏連続不審死事件の一審で死刑判決が出た木嶋佳苗被告が2014年6月9日、ドワンゴの「ニコニコチャンネル」にページを開設した。「木嶋佳苗が拘置所で綴る自伝的小説」を連載する。説明文には「北国で生まれ育った幼少期から、単身上京して『普通ではない世界』へと足を踏み入れていく少女の成長と心の内面を赤裸々に描きます」と書かれている。購読料は月額864円(税込み)。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中