「May J.」歌上手いのにどうして不人気? 「心に響かない」「語尾のクセが苦手」…

印刷

   ディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go ~ありのままで~」の人気に反して、歌っているMay J.さん(25)の評価が芳しくない。

   どうやら「Let It Go」は松たか子さん(37)の劇中歌の人気が勝っているようなのだ。、テレビのカラオケ企画で知名度を上げたことが、かえってマイナスに作用しているのだろうか。

「カラオケ」イメージが強すぎる

実は苦労人(画像はMay J.さんの公式サイト)
実は苦労人(画像はMay J.さんの公式サイト)

   J-CASTニュースは2014年6月13日、「アナ雪『ありのままで』紅白出場に期待 歌うのはMay J.か『人気』の松たか子か」と報じた。May J.さんが年末の「NHK紅白歌合戦」出場に意欲を見せるが、「Let It Go」は松さんとの競作で、どちらが出場するかわからないといった内容だ。

   記事へのコメントを読むと、「MayJの方がいいな♪」などと期待する声がある一方で、

「May J.さんの語尾にクセのある歌い方は苦手」
「May.Jは上手い。でも、上手いだけ。響いてこない」
「語尾の歌い方にクセがある為、どの曲を歌っても同じに聞こえてしまいます。まっすぐに…声が良いだけにもったいない」

などと辛らつな意見が見られる。

   また記事では1クリック投票「紅白の『Let It Go』、誰のバージョンで聞きたい?」も実施した。19日18時30分現在(3316票)、「松たか子のソロ」の69%に対し、「May J.のソロ」は7%と大きく引き離されている。なお「May J.と松たか子のコラボレーション」は13%だ。

   May J.さんは、「関ジャニの仕分け∞」(テレビ朝日系)の「下剋上カラオケサバイバル」で26勝1敗の「カラオケの女王」として知名度を上げた。13年6月と14年3月には、全曲カバーのアルバムを出している。

   そんなイメージもあって、ツイッターでは、

「May J. は、人のフンドシ系アーチスト、カラオケ帝王のイメージ」
「確かにカラオケがうまいけど抑揚がないというか聞いてて単純に譜面歌ってる感は半端ない」

などと散々。ニキビ対策の化粧品「プロアクティブ」のCMに出演していることから、「単に『プロアクティブの人』でしかないのになんで歌姫設定になってるの?」との声もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中