「怠けて自立心が不足し、他人の世話になるのが朝鮮民族のDNA」 韓国首相候補者、「タブー」に触れたすごい講演内容

印刷

   セウォル号事故の責任をとって一度は辞意を表明していた韓国のチョン・ホンウォン首相が、一転して続投することになった。当初は2014年6月中にも辞表が受理されるとみられていたが、後任探しが難航。朴槿恵(パク・クネ)大統領は苦肉の策を選ばざるを得なくなった。

   難航の大きな理由が、後任として取りざたされていた人物の過去の発言だ。韓国の政治家にとって、日本の植民地支配を肯定的に語ることはタブーだ。発言は結果として見事に「地雷」を踏んだことになり、指名辞退に追い込まれた。

指名の翌日に過去の発言が問題化

2011年に教会で講演する文昌克(ムン・チャングク)氏。動画が発掘され、その内容が問題視された
2011年に教会で講演する文昌克(ムン・チャングク)氏。動画が発掘され、その内容が問題視された

   チョン首相は4月27日に緊急会見を開いて辞意を表明し、青瓦台(大統領府)の報道官も同日の会見で、事故への対応が一段落した時点で辞表を受理するという朴槿恵(パク・クネ)大統領の方針を明らかにしていた。

   当初、後任として指名されたのは元大法院(最高裁)判事の安大熙(アン・デヒ)氏だった。だが、直後に裁判官退任後に弁護士として不透明な多額の報酬を受け取っていたことが問題視され、14年5月には指名を辞退していた。

   次に白羽の矢が立ったのが元中央日報主筆の文昌克(ムン・チャングク)氏。青瓦台は6月10日の会見で、指名の理由として文氏の「優れた洞察力と推進力」を挙げた。だが、翌6月11日に問題が噴出した。自らが長老を務めるソウル市内の教会で2011年に行った講演の動画が発掘され、その内容が問題視されたのだ。

   講演では、

「『神様は、なぜこの国を日本の植民地にしたのか』と内心では抗議しているかもしれないが、神様の意思があるはず」

として、神の意思を、

「お前たちは李朝500年という無駄な歳月を送った民族だ。君たちには試練が必要だ」

などと推測した。

「日本から技術を受け入れて経済の開発ができた」

   朝鮮半島が南北に分断されていることについても、

「今になってみれば、それも神様の意思。当時の私たちの状況からすると、韓国が完全に独立していたら共産化されるしかなかった」

と正当化し、日本の植民地支配についても、

「日本から技術を受け入れて経済の開発ができた」

と肯定的に評価した。

「朝鮮民族の象徴は怠けること。怠けて自立心が不足し、他人の世話になるのが私たちの民族のDNA」

とも述べた。

   この発言が報じられると、

「私たちの民族を卑下する趣旨の発言」(聯合ニュース)
「私たちの民族の歴史と自負心を侮辱した」(韓国経済テレビ)

などと批判が相次いだ。朴政権は発足後、対日強硬路線を続けており、

「ただちに(首相指名を)辞退しろ」
「なんでこんな人を選んだのか」

などと政権の方針との整合性を問題視する声も出た。

   文氏は目立った反論をしないまま、6月24日には指名を辞退。2日後の6月26日にはチョン首相を続投されることが決まった。野党は、一連の動きを

「首相候補すら推薦できない無能政権であることが証明された」

などと批判している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中