ぴあ、公演行けなくなった人向け「チケット再販売」サービス開始 大手プレイガイドで初

印刷

   ぴあが運営するチケット販売サービス「チケットぴあ」は2014年7月1日から、「定価リセールサービス」を始めた。

   チケットぴあのウェブサイトでチケットを購入したが、何かしらの理由でその公演に参加できなくなった場合、クレジット決済ずみでかつまだ発券されていないチケットであれば、他のユーザーに定価で再販売(リセール)できるというサービスで、大手プレイガイドでは初の試みとなる。

   このサービスを始めた背景には、興行チケットの多くがいかなる理由でも購入後のキャンセルができず、営利目的や定価より高い転売も禁止されている。そのため、チケット購入者がやむをえない事情で公演に行けなくなっても払い戻しもできず、そのチケットを入手できなかった人がいるのに会場には空席がある、という事態が起こっていた。さらにネットオークションでの高額転売、詐欺行為、ユーザー間のトラブルなども頻発している。

   ぴあは今回サービスを始めることで、「転売を目的としたオークションへの出品が抑制され、チケット価格の高騰や詐欺等のトラブルも軽減されるとともに、会場や劇場の空席の減少にも貢献できる」とみている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中