野々村県議は氷山の一角だった 兵庫県議の「切手大量購入」続々が意味する疑惑

印刷

   政務活動費として切手を大量購入していたのは、野々村竜太郎兵庫県議(47)だけではなかった。

   2014年7月9日に兵庫県庁で会見した丸尾牧兵庫県議(49)は、2011年度と2012年度で10人の県議が切手を大量購入していたとする独自調査の結果を報告した。

「使途を裏付ける証拠資料の添付が必要」

   丸尾県議は9日のブログでも問題について触れている。これによると、2011年度、2012年度で切手を購入していることが確認できたのは10人で、購入費は合計約400万円にのぼるそうだ。

   金額が少額だった議員については「大きな問題はないだろう」とする一方、中には年144万円分、年121万円分を購入していた議員もいた。2013年度に切手代として約176万円分を目的も明かさぬまま支出していた野々村議員と並ぶ高額支出だ。この2人はいずれも自民党議員で144万円の議員は「広報費」、121万円の議員は「政策の郵送費」としていたという。

   県議が大量に切手を使用する機会といえば県政報告の発送が考えられるが、その場合は郵便局の料金別納制度を使うのが一般的だろう。一枚一枚切手を貼る手間が省けるだけでなく、金券ショップで現金化するなどの不正を疑われるリスクもなくなる。

   丸尾県議は自民議員2人の説明について「虚偽ではないと思います」としたが、大量購入は問題だとし、

「使途を裏付ける証拠資料の添付が必要です。2人は共に年度末に切手を大量に購入しており、繰越は認められないので、年度内に切手を使い切ったのかどうかの確認も必要です。野々村議員の支出だけではなく、兵庫県議会全体の検証が必要です」

と訴えた。

ホリエモン「みんな詐欺師だな」

   日刊スポーツの記事では、野々村県議に議員辞職を迫っていた県議が約70万円分を購入していたことや、選挙区内の複数の郵便局で10万円ずつ分割購入していた議員がいたとも紹介している。

   この「告発」は話題になり、インターネット上は呆れ声で溢れかえった。

「呆れた。他にもいるのかよ」
「10人で号泣オーケストラですかね」
「そういう『ライフハック』があったんだろうねぇ。むかしから」
「税金が足りないんじゃなくて議員の懐に入ってるだけなんじゃねーの」

   投資家の山本一郎さんも「なんか凄いことになって来たな」、元ライブドア社長・ 堀江貴文さんも「みんな詐欺師だな。秘書給与詐取疑惑のときみたいに」とツイッターでつぶやいた。

   切手大量購入の問題は、野々村県議による政務活動費の不正使用疑惑の一環と見られていたが、同じ県議会から他に何人も見つかったことで事態は深刻となった。疑惑の目は兵庫県議にとどまらず、全国に向けられることとなった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中