韓国で開催予定の漫画「ワンピース」展が中止に 「日本帝国主義の象徴である旭日旗が描かれている」

印刷

   人気漫画「ワンピース」の韓国で初となる展示会が開催直前になって、一方的に中止を言い渡された。複数の韓国メディアが報じた。

   展示会場となっていた戦争記念館側が、作品中に「旭日旗」が描かれていることを理由に挙げているという。

企画や準備に数十億ウォン

「戦争博物館」ウェブサイト
「戦争博物館」ウェブサイト

   2014年7月10日の韓国のYTNなどによると、戦争記念館(ソウル特別市龍山区)で12日から開催予定の「ワンピース特別企画展:メモリアルログ頂上決戦完結編」が中止になりそうだ。同展は日本で実施している等身大フィギュアの展示イベントを、韓国で初めて行う公式企画だった。主人公・ルフィの船「サニー号」をはじめ、ワンピースの世界観を再現する。企画・制作を韓国企業が主に担当している。

   ところが、開催3日前になって戦争記念館側が、企画会社に中止を通告した。漫画の中に「日本帝国主義の象徴」である「旭日旗」が描かれているとして、韓国で物議を醸していることを受けた決定だ。「几帳面に原作漫画の内容を調べていなかった」と記念館側は説明した。一方、主催者側は企画や準備に数十億ウォンがかかり、すでに販売したチケットもあるとして反発している。

   韓国ニューシースの報道によると9日午後、戦争記念館側が「問題化したくない」と言って展示中止を伝えた。主催者側は「正常な開催のために多くの点で努力したいが、今となっては容易ではないようだ」と説明している。

   ワンピースは単行本の世界累計発行部数が2013年に3億4500万部を突破し、韓国のファンも少なくない。韓国では漫画が販売されているだけでなく、2003~2007年にはKBSでアニメ版が放送された。

「日本人の漫画を展示すること自体が腐った考え」

   展示ベント中止の報道を受けて、韓国ネットでは、

「ワンピースは、極右の漫画ではない!」 「一度ワンピースを見ていただきたいんですが。そこには人生があり、夢があり、希望がありますよ」

などと中止に反対する声があった一方で、

「猿たちはどこにでも待ち伏せしている」
「最初から戦争記念館で日本人の漫画を展示すること自体が腐った考えではないか」

という発言も出た。

   日本の2ちゃんねるでは、またもや「旭日旗」が韓国で問題になったことに、

「勝手にやって、勝手につぶして、日本のせいにする」
「ワンピースが太陽のマークをモチーフにした旗を出したなんてここ1,2年からの話じゃない」

などとあきれる書き込みが相次いだ。

   日本国内で「ONE PIECE メモリアルログ」を展開する東映アニメーションは、単にライセンスしている立場であるとして、韓国での展示会中止報道について、「コメントは差し控えさせていただきます」ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中