ジャイアンにのび太殴られるシーンは「いじめ助長」 台湾団体が「ドラえもん」に「異議あり」

印刷

   アジアを中心に世界中で人気のアニメ「ドラえもん」では、ジャイアンがのび太を殴ったりするのは、定番のシーンだと言ってもよい。だが、そこに台湾の団体から「いじめを助長する」などとクレームがついた。長期的にみて、子どもの成長に悪影響を与えるというのだ。

   教育団体側は、内容を精査して「いじめ」のシーンが含まれていない回だけを放送するように求めている。政府機関も調査に乗り出す構えだ。波紋は広がる一方だが、ネット上では「のび太は人生の勝ち組」だとの声もある。作品への批判が妥当ではないという声も根強い。

番組見た子どもが「ジャイアン化」する??

   台湾の大手紙「自由時報」(電子版)が2014年7月15日に報じたところによると、作品のあり方に疑問を唱えているのは、南部の都市・高雄(カオシュン)の教育団体。同市教員組合の董書攸理事長は、

「今のテレビアニメには、子どもが見るには適さないエピソードがいつも出てくる。物理的、言語的な暴力やいじめがよく出てくる」

と指摘した上で、

「中でも『ドラえもん』は子どもに人気で、影響が比較的大きい。その内容にはいじめが含まれているが、テレビ局は注意喚起をしてこなかった。幼い子どもは自己判断能力に欠けており、まねをする可能性がある」

と、「ドラえもん」を見た子どもが「ジャイアン化」することを懸念した。

   児童福祉団体「児童福利連盟」も、やはり「ドラえもん」には問題があるとみる。同連盟では、のび太はジャイアンから長期にわたっていじめを受けており、時にはスネ夫もいじめに加担していると説明。これらの設定が子どもの成長に悪影響を及ぼすと主張している。

「現実にはひみつ道具はないし、大人もめったに介入して助けてくれたりはしない。いじめられる子どもは、心身両面で苦痛を受けており、成人後の人格や心理面で影響を与えかねない。いじめられた子どもの子どもは、後に多くの問題行動を起こす」

「ワンピース」ではくわえタバコにモザイク入る

   この団体では、激しいいじめのシーンが含まれている古い時期の番組は放送しないように求め、最近制作された番組と劇場版は比較的表現が穏やかだとして番組前や番組中にテロップを入れるなどして注意喚起するように求めている。これらの動きを受け、放送局を監督する国家通信放送委員会(NCC)は調査に乗り出す方針だ。

   台湾では、「ワンピース」の登場人物がくわえタバコをしているとして問題になったことがある。テレビ局はこれらの団体からの改善要求を受け入れ、現在は「タバコ部分にモザイクを入れて放送している。今回のドラえもんの件でも、放送局側は何らかの対応を迫られる可能性がある。

   ただ、台湾でも「のび太が『単なるいじめられっ子』」だという見方には異論が出ている。ドラえもんのキャラクター設定には執筆時期によっていくつかのパターンがあるが、その中のひとつに「のび太は就職に失敗し、仕方なく起業。10年後に火事を起こして倒産」というものがある。この点について、タブロイド紙の「アップル・デイリー」では、7月16日に

「10年も会社を続けられる人は、単なる『無能な人』ではない」

といったネット上の声を紹介している。さらに、のび太は静香ちゃんとの結婚に成功しており、「実際のところは、のび太は人生の勝ち組だ」という評価も多い。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中