ヤフオク!で競り落としたiPad、届いたのは外箱だった 1円スタート、3万9500円落札、ネットでトラブルに

印刷

   ヤフー!のオークションサイト「ヤフオク!」で新品同様を謳っていた「iPad」を3万9500 円で競り落としたところ、出品者から送られてきたのは外箱とACアダプタなどの備品だけだった、そんなヤフオク!ユーザーの訴えがネットで話題になっている。

   出品者の言い分としてはiPad本体をオークションに出した覚えはないし、その証拠として出品した場所は「iPad用アクセサリー」のカテゴリだと主張、論争に発展している。いったいどんな結末を迎えるのだろうか。

タイトルは「美品 iPad Air WiFi 32GB グレイ 化粧箱付属品有」

「ヤフオク!」でまたまたトラブル(画像は「ヤフオク!」のトップページ)
「ヤフオク!」でまたまたトラブル(画像は「ヤフオク!」のトップページ)

   問題になっているのは2014年7月4日に1円で出品され翌日の5日に3万9500 円で競り落とされたオークション。これを競り落とした人物が商品を受け取ったところ、化粧箱とACアダプタ、ステッカーのみしかなかった。そして「非常に悪い出品者です」と取引相手を評価し、

「本体が入っていないというのはありえません もしも、入れ忘れたのであれば早急に対応してもらいたいと思います」

と、コメント欄に書き込んだ。

   ところが、出品者は「再確認した所こちらに間違いはございませんでした」と応戦した。出品したカテゴリは「iPad用アクセサリー」だから、主となるのはあくまで化粧箱。付属品も記載通りに付けているわけだから「非常に悪い出品者です」という評価を変えるよう迫った。これに対し落札者は、オークションに出された商品の説明書きをどう読んでみても、iPad本体を出品しているという内容だ、と食い下がった。

   どちらの言い分が正しいのか。オークションのページを見ると出品タイトルが、

「美品 iPad Air WiFi 32GB グレイ 化粧箱付属品有」

となっている。オークション開始価格が1円で、商品説明には

「MD789J/A Wi-Fiモデル 32GB 付属品有。入手後開梱、確認のみ。以降カメラ用防湿庫保管。下記事由により1円スタートです。先日景品として頂きましたが、既に使用しているタブレットがある為出品します。一度でも開梱しておりますので中古と致します」

と書かれている。入札は最終的に28件あった。

出品者は折れ「返金の意志がある旨、追記しておきます」

   出品者は14年7月21日22時12分に落札者に対し、商品説明を引用しなくてもタイトルの一行で化粧箱が出品されたと読み取れるし、誤解を招くような画像もアップしていない、と説明。

「本件を持ちまして今回のお取り引きを締め括らせて頂きます。以上」

とし、間違いや勘違いは誰にでもあることだから気に病まないでほしいと締めくくった。

   ネットではこのやりとりが大きな話題になり、商品説明にきちんとiPad本体は付かないと書いていないからアウトだとか、本体に化粧箱が付いているとは書いておらず、箱に付属品が付いているとも読めるからギリギリセーフなのではないか、といった議論が起きたが、「これは詐欺行為ではないか?」「騙す気満々としか思えない」といった意見が圧倒的に多かった。ネットでの騒ぎが出品者に伝わったからなのか、交渉を打ち切った出品者は22日朝、

「こちらには返金の意志がある旨、追記しておきます」

とコメント欄に追記した。落札者はこれを受け同日昼に、それならば落札金の3万9500円を現金書留で送ってほしい、現金が届き次第、落札商品を返却する、などと伝え、今も交渉が続いている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中