「殺しちゃった」と血みどろの手の写真 高1女子殺害犯が2ちゃんに書き込み?

印刷

   2014年7月26日夜、赤く染まった手を写した5枚の写真とともに「【閲覧注意】殺しちゃったんだけど」と題したスレッドがネット掲示板「2ちゃんねる」に立てられた。スレッドが立てられた時刻は、長崎県佐世保市内の県立高校に通っていた松尾愛和(あいわ)さん(15)が同級生の女子生徒(同)に殺害されたとみられる時刻から約2時間半後だ。

   このことから、加害者の女子生徒が書き込みをしたとみられる。長崎県警も書き込みの内容を把握している模様で、事件との関連について調べが進む見通しだ。

被害者と加害者が通っていた高校はかなりの進学校

   松尾さんは7月26日午後、友人の家に遊びに行くと両親に告げた後自宅に戻らなかったため、23時頃に両親が警察に通報。翌7月27日午前3時半前、友人が1人暮らしをするマンションのベッドで松尾さんが頭から血を流して死亡しているのを警察官が発見した。この友人は警察の調べに対して松尾さんを殺害したことを認め、殺人容疑で逮捕された。

   報道などによると、遺体の後頭部には殴られた痕があり、首にはひものようなもので絞められた痕も見つかった。さらに、遺体の一部は切断されていたという。遺体が見つかったベッドの周辺には、金属製の工具や、血のついた刃物のようなものも見つかったという。加害者は、26日の20時頃に松尾さんを殴ったり首を絞めたりして殺したと供述しているという。

   松尾さんと加害者は、市内の同じ高校に通っていた。この高校の卒業生数は1年に230人程度だが、14年度の入試では現役で東京大2人、京都大、大阪大に1人ずつ、九州大に10人、地元の長崎大に24人が合格しており、かなりの進学校だ。中高一貫校でもあり、中学校でも松尾さんと加害者は一緒だった。

 

   2ちゃんねるに問題の書き込みが出現したのは、松尾さんが殺害されたとみられる時刻から約2時間後の7月26日の22時8分。「ニュース速報VIP+」と呼ばれる掲示板に「【閲覧注意】殺しちゃったんだけど」と題したスレットが立てられ、最初の書き込みは、

「出血はそんなにしてない どうしよう」

というもの。写真のURLも5つ貼り付けられており、5枚とも血のようなもので指が真っ赤に染まっている写真だ。5分後の22時13分には、同じIDから、

「駄目だ拭いても拭いても血が溢れてくる」

と書き込まれた。今度は、白い布のようなものに真っ赤な液体が染みついた写真付きだ。

「一重まぶた」談義にも参加

 

   さらに、このIDからは、22時24分に、

「冷たくなったから温めた何で温かくならないの? 今ねお風呂入ってる それより皆脳髄の色って何色だと思う?」

   22時30分には、

「脳髄や脊髄を培養液に漬けてずっと世話してあげるんだ」

と、意味不明な書き込みもされている。

   このIDからは、別のスレッドにも書き込みが行われている。同じ掲示板に「一重のブサイク率wwwwwwwwwwwwwww」と題して立てられたスレッドだ。スレッドでは一重まぶたの人物の容姿について議論されていたが、このIDの人物は22時38分に、

「そうか?西島さんかっこよくね?」

と書き込んだ。アイドルグループ「AAA(トリプルエー)」メンバーの西島隆弘さん(27)や俳優の西島秀俊さん(43)が一重まぶたでも容姿が端麗だとして知られており、書き込みはこの2人を念頭に置いているとみられる。

   このIDを使っていた利用者が今回の事件の加害者だとすれば、松尾さん殺害から約2時間後には遺体の切断に着手し、遺体切断について書き込んだわずか8分後には、一重まぶたの話題に興じていたことになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中