原発・吉田元所長、菅元首相に強い憤り? 産経が調書内容報じる

印刷

   福島第1原発の吉田昌郎元所長(故人)が当時首相だった菅直人氏に強い憤りを示していたと、産経新聞が2014年8月18日に報じた。

   政府が非公開としている吉田調書を独自に入手したとしており、吉田氏は菅氏が現場を混乱させたとみていたと指摘した。吉田氏は、政府の事故調査・検証委員会の聞き取りで、「菅さんが自分が東電が逃げるのを止めたんだみたいな(ことを言っていたが)」と聞かれ、「(首相を)辞めた途端に。あのおっさんがそんなのを発言する権利があるんですか」と反発していたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中