東海大四・西嶋、超スローボールまた投げた 甲子園、大盛り上がりも敗退

印刷

   第96回全国高校野球選手権2回戦、東海大四‐山形中央が2014年8月19日に行われ、東海大四のエース西嶋亮太投手が先発登板し、話題の超スローボールを再び投じて甲子園を沸かせた。試合は延長10回、2‐0で山形中央が勝利した。

   西嶋投手は7回2アウト、ランナーなしの場面で6番中村颯選手への初球で山なりの超スローボールを投じた。2球目、136キロのストレートで遊ゴロに打ち取り、会場からは大きな拍手が起こった。9回まで無失点に抑えたが、延長10回に2点を許し、甲子園を去った。

   1回戦の九州国際大付属戦で投げた超スローボールは、元フジテレビの岩佐徹さんが「世の中をなめた少年になっていきそう」と批判したり、レンジャースのダルビッシュ投手が「一番難しい球」と評価したりするなど、話題を集めた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中