小保方氏、絶体絶命のピンチ 「論文の手法ではSTAPできない」

印刷

   2014年8月27日に理化学研究所が発表したSTAP細胞検証実験の中間報告では、現時点ではSTAP現象を示す兆候が確認できていないことが明らかになった。STAP現象再現までに超えるべきハードルはさらにいくつかあり、論文に記述された方法では再現できないことが判明したといってもおかしくない内容だ。

   今回の中間報告には、カギをにぎる小保方晴子ユニットリーダーの実験内容は含まれていない。小保方氏は中間報告を準備したチームとは別に検証実験を進めているが、まだ「予備実験」の段階。この「予備実験」の内容は一切明らかにされず、STAP現象再現の手がかりは見えないままだ。

遺伝子が万能性を示すような光り方が確認できなかった

   検証実験は4月に始まったが、4か月間の成果は皆無だった。STAP現象は、大まかに(1)マウスの脾臓(ひぞう)から細胞を取り出す(2)弱酸性の溶液に浸して細胞を刺激する(3)遺伝子が緑色に光り、万能性の兆候を示す(4)細胞を受精卵に入れてあらゆる組織に変化し万能性が示される、という4つのプロセスを経るとされている。

   取り下げられたSTAP論文の共著者でもあった丹羽仁史プロジェクトリーダーによると、検証実験ではSTAP論文に記載された一連の手順を22回にわたって行った。だが、(3)の段階で遺伝子が万能性を示すような光り方は確認できなかった。STAP現象の再現には(3)に加えて(4)も成功させる必要がある。

   今後はマウスや取り出す臓器の種類、細胞を刺激する方法を変えるなどして実験は継続する方針で、検証実験の総括責任者を務める発生・再生科学総合研究センター(CDB)特別顧問の相澤慎一氏は、会見冒頭

「検証実験のほとんどは検討途中であり、皆様にご報告する段階に至っていない」
「最終結論がどのようなものであるか、現在、判断できない。大半の検討中の課題については、この場でご報告できないことをご了承ください」

と「この場ではご報告できない」ことが多いことを強調した。

丹羽氏も検証実験は「手ごわい」ともらす

   だが、丹羽氏自身も検証実験は「手ごわい」と話しており、再現までの道のりは遠い。丹羽氏は、

「決して、何が何でもSTAP現象を証明したいというスタンスではない」

とも話した。論文が取り下げられた今となっては、STAP現象に関する関心が薄くなっている様子もうかがわれる。

   小保方氏は11月末まで検証実験に参加する。相澤氏によると、小保方氏は「積極的に早く本格的に検証実験を始めたいという立場」だが、小保方氏が現時点で行っている実験内容や成果は明らかにされず、小保方氏が中間報告の内容をどう評価しているかについても、

「この場では、大きな誤解を与える可能性があるので、小保方さんがどう言っているかについては発言を控えたい」

と述べるにとどまった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中