全国高校軟式野球・準決勝、延長50回で決着

印刷

   第59回全国高校軟式野球選手権大会の第7日が、2014年8月31日に明石トーカロ球場(兵庫県明石市)で行われた。準決勝の中京(岐阜)―崇徳(広島)の延長50回、中京が3点を獲得して決勝に進出した。

   同試合は28日、延長15回にもつれこみサスペンデッド(一時停止)に。29、30日も0―0が続き、31日は延長46回から再開されていた。なお大会の規定により、最大延長は54回まで。それでも決着がつかない場合は、くじ引きで勝者が決まることになっていた。決勝は31日正午から、三浦学苑(神奈川)との対戦となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中