50代男性はなぜ収容犬を殴り殺したのか 相性が悪く、積もり積もった感情が出て…

印刷

   神奈川県の動物保護センターに収容されていた犬が、委託業者の50代男性に金属棒で殴られて死亡した。同センターは飼えなくなった動物などが収容される施設で、登録ボランティアと協働しながら引き取り手を探し、2013年度は殺処分ゼロを達成している。

   男性は犬に噛まれて腹が立って殴り殺したと報じられているが、なぜこのようなことが起こったのか。

「ほんと、鬼畜。 有り得ない」

ミニチュアダックスフント(本文とは関係ありません)
ミニチュアダックスフント(本文とは関係ありません)

   2014年9月4日午前8時半ごろ、センターを見回りしていた県職員が、メスのミニチュアダックスフント(10歳以上)が深い傷を負って、ぐったりしているのを発見した。清掃業者の男性に話を聞くと、金属の棒で犬の頭や腹を殴ったことを明かしたという。動物愛護法違反容疑で県警平塚署に相談している。

   これが新聞各社で報じられるとネットの愛犬家らは

「ほんと、鬼畜。 有り得ない」
「やったやつも棒で殴り殺されればいいのに」
「どうかしてる。。ミニチュアダックスなんて大きくても6キロくらいしかないのに。」

と激怒した。

   センター所長によると、ミニチュアダックスフントは飼い主が病気などの事情で手放し、8月上旬から収容されていた。自分で立つことができず常に座った状態で、弱った犬が保管される「処置室」の折り畳み式ケージに入れられていた。

   委託業者の男性の業務は、朝に糞尿で汚れたケージから別のケージに移し替え、寝床をきれいにすることだったが、「手を噛まれて腹が立った」ため犬を金属棒で殴ったと言っている。

普段は動物に対して優しく接していた

   男性は4年近く同センターで業務を担当し、普段は動物に対して優しく接していたが、その犬とは「相性が悪かった」という。ケージから移し替えるのを犬が嫌がるので、ゆるめに装着した皮の手袋を噛ませ気を引き、抱きかかえているときに手を噛まれた。

   犯行に及んだ理由をセンター所長は、

「皮の手袋をしていたのでけがはありませんでしたが、これまでの積もり積もった感情もあって、興奮してしまったということのようです」
「ミニチュアダックスは歯が尖っているので、噛まれどころによっては強い力で押されて痛いということはあるかもしれません」

と説明する。

   犯行に使われたのはケージの組み立てに使う金属製の支柱で、サイズは長さ62センチ、直径1センチだった。男性は「とんでもないことをした」といった反省の言葉を述べているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中