マッサージ受けた生後4か月の男児死亡 NPO代表が行った「ズンズン運動」とは何なのか

印刷

   大阪市内で2014年6月、子育て支援をうたうNPO法人の代表女性から施術を受けた生後4か月の男の子がその後死亡した問題で、女性は「ズンズン運動」と名付けた独自のマッサージを行っていたと答えている。

   NPOのホームページを見る限り「ズンズン運動」は体の一部に手をあてて振動を与える運動のことを指すようだ。

体を揺らして「自律神経を刺激」

NPO法人が行っている「ズンズン運動」とは(画像はイメージ)
NPO法人が行っている「ズンズン運動」とは(画像はイメージ)

   2014年9月9日までの報道をまとめると、生後4か月の男児は今年6月、大阪市淀川区にあるNPOの事務所内で女性代表からマッサージを受けた。ところが施術が始まってから約45分後、男児の呼吸が停止。スタッフが119番通報して男児は救急搬送されたが、6日後の6月8日に死亡した。司法解剖の結果、死因は低酸素脳症による多臓器不全だったという。

   これについて女性は、男児の死亡と施術との因果関係を否定。行った施術については、JNNの取材に対し「私は『ズンズン運動』といって体をゆする運動を中心にしていた」と答えている。

   女性は2003年に新潟県内でNPO法人を設立した。大阪と東京にも支部がある。自らが考案した「背筋をまっすぐにして自律神経のバランスを整える」抱っこ法や、独自のマッサージ法「ズンズン運動」を提唱し、「病気をしにくくなる」「好奇心旺盛な子供に育てられる」「アトピー性皮膚炎も治る」などとうたっている。

   「ズンズン運動」とはどのようなものなのか。ホームページによると、仰向けにした乳児のそけい部、および、うつ伏せにした乳児の仙骨部に手を当ててリズミカルに揺らす運動とのことだという。大人が「ズン」と振動を与えると、これが「自律神経を司る部分への刺激」となって乳児からの「ズン」と押し返すような自発的な動作が促されるとしており、乳児は精神的・肉体的にリラックスできるらしい。

   代表女性が開く講座でも教えられているようで、実践している母親たちからは

「やればやる程、ずんずん運動が身体に与える影響を目の当たりにします!」
「ずんずん運動がすごくよかった!みるみる次女の顔色がよくなりました」

といった感想もインターネット上に寄せられている。

   ただし代表女性は、JNNに「皆さんから気持ちがいいっていう回答をいただいて続けてきた。体験オンリーです」とコメントしており、施術に科学的な根拠はないようだ。

「首をひねるということは絶対にしない」

   「乳児揺さぶり症候群」もあるように過度に乳児を揺すっていたのであれば問題だが、「ズンズン運動」の説明を見る限りはそれほど強い力で行うという印象はない。

   しかし代表女性が死亡した男児に行った実際の施術は、ホームページで説明されているような体を揺らすだけのものではなかったようだ。「ズンズン運動」の一環なのか、別の施術なのかは不明だが、女性は男児を床の上にうつぶせ状態にして90度以上首をひねったり、膝に乗せて首をもんだりしていたと読売新聞などで報じられている。

   実際、NPOの公式ブログや施術を受けた乳児の保護者によるブログなどには、「首の整体」として施術を受けている乳児の写真が複数あり、中には首をかなり無理な状態まで捻じ曲げているようにみえるものもある(一部はすでに削除されている)。

   これについて代表女性は、

「自分の気持ちよさを求めて子供が動いている。ひねるということは絶対にしないですよ。首の大事さ、危険度は十分感じていますから」

とFNNの取材に答えており、首に力を加えて向きを変えているわけではないことを強調している。

   同NPOでは2013年にも新潟で施術を受けた幼児が死亡している。代表女性はマッサージなどの国家資格を持っておらず、大阪府警は業務上過失致死に当たる可能性もあるとみて事情を聞くなどして死亡の詳しい経緯を調べている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中