安倍首相「誤報によって日本の名誉が傷つけられた」 朝日慰安婦報道を批判

印刷

   安倍晋三首相は2014年9月11日、ニッポン放送のラジオ番組「ザ・ボイス そこまで言うか!」に出演し、朝日新聞の従軍慰安婦をめぐる一連の報道について、「誤報によって多くの人が苦しみ、国際社会で日本の名誉が傷つけられたことは事実と言ってもいい」と述べた。

   「一般論として申し上げれば、報道は国内外に大きな影響を与え、わが国の名誉を傷つけることがある」とも指摘した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中