「『結婚したらどう』平場なら僕も言う」 男女参画議連会長

印刷

   東京都議会の超党派でつくる「男女共同参画社会推進議員連盟」の総会が2014年9月16日に開かれ、会長に就任した自民党の野島善司都議が終了後、今年6月に起きた女性都議へのヤジ問題について記者団にコメントした。

   野島都議は「平場なら『結婚したらどうだ』という話は僕だっていいます」と話した。平場について聞かれると「全くプライベートな場」などと説明。「議会におけるヤジは(議会の会議規則に)『私生活を論評してはいけない』と書いてある」とも話し、議場という公の場で発言があったことが問題だったとの見方を示した。

   都議会では6月、一般質問の場でみんなの党の塩村文夏都議に対し、鈴木章浩都議が「早く結婚した方がいいんじゃないか」とセクハラとも受け取れるヤジを飛ばして波紋を広げた。これを受け、同議連は約5年半ぶりに活動を再開した。

   報道によると野島都議は17日、都議会自民党の総会で「平場なら『結婚したらどうだ』という話は僕だっていいます」という発言について、「不適切な発言だった」として謝罪した。都議会自民党の村上英子幹事長が報道陣に明らかにした。(17日15時55分追記)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中