若者は大御所「U2」を知らない? iTunesのアルバム無料配信に「『U2』って誰だよ」の声続出

印刷

   米アップルが音楽配信サービス「iTunes」を通じて世界的ロックバンド「U2」の最新アルバムを無料配信する大サービスを行ったところ、ユーザーから苦情が殺到するという想定外の事態が起きてしまった。

   同アルバムはユーザーの設定によっては自動的に端末にダウンロードされる仕組みになっていたため「欲しくない」「邪魔」といった声が相次いだのだ。

当初は「iCloud」から削除できず

アップルが15日に立ち上げた削除用専用ページ
アップルが15日に立ち上げた削除用専用ページ

   アップルは2014年9月10日、日本を含む世界119か国の「iTunes Store」でU2の5年ぶり新アルバム「Songs of Innocence」(全11曲)の無料配信をスタートした。U2自らが前日のiphone6発表会に登場して発表したスペシャルキャンペーンで、10月13日 (日本時間14時15時59分)まで無料でダウンロードすることができる。

   お金は「アップル持ち」で、米ニューヨーク・タイムズによればキャンペーンのために支払った金額は1億ドル(約107億円)という。それでも利用者に喜ばれると考えた大プレゼント企画だったが、思いがけず苦情が寄せられることとなった。

   アップルはダウンロードを一定期間無料にするのではなく、ユーザーがダウンロードを希望するしないにかかわらず自動的に配信する方法をとった。そのため、データ保存サービス「iCloud」を使ってiTunes上の購入曲を自動的に端末にダウンロードするよう設定していたユーザーは、購入した覚えのないU2のアルバムが突如自分の端末に追加されたことに驚くこととなった。

   ダウンロードされれば端末の保存容量が減ってしまう。ところが削除しようと思っても曲を「隠す」ことしかできない。「iCloud」上から完全に消すには「iTunes Match」という年間3980円の有料サービスに登録しなければならなかった。

   そのためインターネット上にはこれを非難する声が続々と寄せられた。日本の「iTunes Store」で同アルバムのレビュー欄をみてみても「なんと!U2のニューアルバムが無料ダウンロード!信じらんねー!」「間違いなく彼らの最高傑作!」といったファンからの喜びの声も少なくないが、「いくら無料とはいえ興味のないものが勝手に入ってくると正直迷惑です...」「勝手に配信したくせして消せねーし、消すのに金かかるとか詐欺レベル」といった声も数多く寄せられていた。

アジカン後藤もすっとぼけ「U2って誰ですか?」

   そうした事情から、アップルは15日にアルバムを削除するための専用Webページ(https://buy.itunes.apple.com/WebObjects/MZFinance.woa/wa/offerOptOut)を急きょ公開。AppleIDとパスワードを入力するだけで削除できるようにした。

   この件はアップルの戦略ミスが露呈したと同時に、若年層を中心としたU2の知名度の低さがうかがい知れることとなった。無料配信開始後、ツイッターには若いユーザーとみられる人たちから「Who is U2?」といった書き込みが相次ぎ、まとめたサイトも出現した。

   日本でも反応は同じで、レビュー欄の苦情には「てか誰だしこいつらきめぇまじ...」「いきなり知らないおじさんの曲が入ってて正直気持ち悪いです」「知らないやつを勝手に人の携帯に入れるな!迷惑だ!」といった文句が書かれた。

   ツイッター上にも「U2 って誰だよ」という書き込みが続出し、あまりの多さに日本でも「Togetter」でつぶやきまとめが作られるほどだ。これには「アジアン・カンフー・ジェネレーション」のボーカル後藤正文さんもツイッターで「U2って誰ですか?」と冗談を飛ばした。

   U2は1976年にアイルランド・ダブリンで結成し、80年にデビューした4人組ロックバンド。米グラミー賞受賞作品数はロックバンド史上最多を誇る、言わずと知れた大物ロックバンドだ。社会派のバンドとしても知られ、数多くのメッセージ性の強い楽曲を発表している。ボーカル兼ギターのボノはエイズ問題やアフリカの貧困撲滅に取り組んだことなどが評価され、2005年に米タイム誌が選ぶ「今年の顔」に米マイクロソフト社ノビル・ゲイツ夫妻と並んで選ばれた。

   もちろん、例えU2を知らなかったとしても無料配信を機に聞いてみようと考えた人もいただろう。だが多くの知らない人にとってみれば、デビューから約35年を迎える大御所待望の新作も、限られた容量を消費する「お荷物」、お気に入りが集まったプレイリストを汚す「不純物」に過ぎなかったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中