山谷氏、09年に在特会元幹部と写真 官房副長官「何ら問題ない」

印刷

   山谷えり子・国家公安委員長が、ヘイトスピーチ(憎悪表現)が問題化している「在日特権を許さない市民の会(在特会)」元幹部の男性と写真に納まっていたことが2014年9月18日、明らかになった。写真は、男性が在特会関西支部長だった09年2月、松江市内のホテルで撮影され、男性のウェブサイトで公開されていた。

   世耕弘成官房副長官は同日午前の会見で、

「今はデジカメやスマホのカメラを持っている方が非常に多く、山谷大臣ほどの知名度のある方になると、写真撮影を求められることが非常に多い。それがいったいどういう人なのかを、例えば講演会の現場などで、いちいちひとりひとり確認して、『あなたはいいです、あなたはダメです』なんてことは現実的にできない。何分(山谷氏)本人も『在特会の関係者だとは承知していなかった』とおっしゃっており、何ら問題はないと思っている」

と述べ、問題視しない考えだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中