沖縄三越が閉店 跡地には「よしもと劇場」が入る商業施設

印刷

   那覇市繁華街・国際通りにある百貨店の沖縄三越が2014年9月21日に閉店した。リーマンショックやデフレなどの影響と、郊外型ショッピングセンターに客足を奪われ業績が低迷していた。杉山潤治社長兼店長は最後に「57年間の長きにわたり、ご愛顧、ご支援ありがとうございました」と来店客らにあいさつし、シャッターがゆっくり下ろされた。

   沖縄三越は1957年に開業した大越百貨店が前身で、三越(現・三越伊勢丹ホールディングス)と70年に提携し現在の店名に変えた。買い物以外でも家族連れでレストランを利用したり、子どもたちは屋上遊園地で楽しんだりとにぎわいを見せた。沖縄三越の建物は地元の小売り大手・リウボウホールディングスが吉本興業の「よしもと劇場」などをテナントにした商業施設に転換し15年春に開業させる予定になっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中