「FC2」エロ動画もう見られなくなる? ネットに衝撃、警察の捜査どこまで進むのか

印刷

   公然わいせつほう助などの疑いで、「FC2」を実質的に運営するとされる大阪市のIT企業が警察の家宅捜索を受けたことが分かった。エロ画像・動画が見放題の「無法地帯」ともされたFC2は、今後どうなるのか。

「諸般の事情で、社内はたいへん混み合っています。ですから、何もコメントできませんよ」

「FC2閉鎖!?やべええ」「俺の毎晩の楽しみを無くすな」

   FC2を実質運営すると報じられた「ホームページシステム」では、営業担当という男性スタッフが電話取材にこう繰り返した。オフィスはザワザワしている様子で、スタッフは「別件で用事がありますので」と言って電話を切った。

   ブログや動画などのサービスを展開するFC2は、これまで米ラスベガスにある同じ名前の会社が運営しているとされてきた。しかし、報道によると、それはダミー会社で、日本におけるFC2の広告代理店と名乗っているホームページシステムがサービスのほとんどを開発しているのではというのだ。

   京都府警などが2014年9月30日に行った家宅捜索は、FC2会員の男(31)がわいせつ行為をライブ中継して6月に逮捕された事件がきっかけとなった。男がそうしたことをしていると認識していながら、有料配信のシステムを提供し続けたとしており、さらに風営法違反(アダルト動画配信の無許可営業)の疑いも持たれている。このシステムは、ライブを配信した人が見た人からお金を取り、そのうち3割を手数料としてFC2に支払う仕組みだった。

   FC2は、会員が2000万人以上いるとされ、動画投稿サイトではアクセス数が国内4位にある。それだけに、ネット上では、家宅捜索を受けて、「FC2閉鎖!?やべええ」「俺の毎晩の楽しみを無くすな」「なんでも規制し過ぎじゃないか?」といった不満の声が次々に上がった。

   一方で、テレビ番組や映画などの違法な投稿も多かったことから、「まぁ無法すぎたわ」「今まで放置されてたことがおかしい」「閉鎖でもしかたがないな」といった声も出ており、賛否両論になっている。

「事態を極めて重く受け止め、警察の捜査に全面的に協力」

   ホームページシステムの社長(39)は2014年9月30日、公然わいせつほう助の疑いでこの日に警察による家宅捜索を受けたことを会社のサイト上で報告した。このような事態になったことを謝罪するとともに、事態を極めて重く受け止め、警察の捜査に全面的に協力するとしている。

   報道によると、今回の家宅捜索では、会社や社長宅ばかりでなく、FC2の創業者とされる日本人の男性(41)やその弟(38)の自宅も対象になった。そして、京都府警などは創業者らの立件も視野に入れているとされている。

   サンデー毎日の13年11月24日号の記事によると、創業者男性とその弟はそれぞれ、米FC2とホームページシステムのオーナーだとされる。記事では、2人の父親にインタビューしており、FC2の名は、父親が大阪で経営するフラワーショップの頭文字を取り、その2代目の意味で付けたという。

   創業者は、幼いころからIT技術に才能を発揮しており、アメリカの大学を出てすぐにFC2を設立し、飛躍的にサービスを成長させた。米ロサンゼルスに住んでいるとフェイスブックで明かしているが、1ヘクタールも敷地がある豪邸だという。東京・六本木にも家賃月240万円のマンションを借りており、1年のうち3か月ぐらいは日本に来ている。弟も、大阪市内で月100万円近いマンションに住んでいるそうだ。

   これがどこまで事実かは不明だが、創業者らは、FC2の運営に最も深く関わっているとみられることから、もし立件されれば、FC2の今後に大きく影響しそうだ。10月1日夕現在で、「FC2動画アダルト」などのサイトは「健在」だ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中