日本マクドナルドの巻き返しは可能なのか 問題は「中国鶏肉」だけではない!

印刷

   日本マクドナルドホールディングス(HD)の2014年12月期の連結業績予想が、最終(当期)損益で170億円の赤字(前期は51億円の黒字)に転落する見通しになった。2014年10月7日発表した。

   仕入れ先だった中国の食品加工会社が期限切れの鶏肉を使用していた問題が7月に発覚、客離れが止まらなかったのが最大の要因だ。ファーストフード業界はコンビニエンスストアの猛追という厳しい環境にさらされており、マクドナルドの巻き返しは一筋縄ではいかない状況だ。

ファミリー客を再び店頭に戻すのは容易ではない

長く険しい道のり...
長く険しい道のり...

   「再建は長く、粘り強い仕事になる」――。東京都内で7日、記者会見したサラ・カサノバ社長は終始、険しい表情を崩さなかった。

   2014年12月期の連結売上高予想は、前年同期比15.1%減の2210億円と2ケタの減収、連結営業損益は94億円の赤字(前期は115億円の黒字)に陥る見通しで、2001年の上場以来初の営業赤字転落という厳しい内容だ。

   日本マクドナルドHDにとって歴史的ともいえる業績悪化を招いた直接の理由は、中国での期限切れ鶏肉使用問題だ。7月の問題発覚以降、客離れは続き、7月の既存店売上高は前年同月比17.4%減、8月は25.1%減、9月も16.6%減と低迷が続いている。マクドナルドの顧客の約35%はファミリー客という。特に子供を抱える父母らが同社の安全性に不安を抱き、「子供に食べさせたくない」との思いで客足が遠のいたことが大きい。

   マクドナルドは、鶏肉問題の発覚後、人気の「チキンマックナゲット」をはじめ中国製の鶏肉商品の販売をすべて中止し、タイ製に切り替えた。しかし、一度不安を抱いたファミリー客を再び店頭に戻すのは容易ではない。マクドナルドは、材料を仕入れている企業への抜き打ち査察を始めたり、食品衛生の専門家を集めて安全指針を作成したりして、信頼回復を図ろうと必死だが、顧客回帰の足取りは重い。

コンビニより魅力あるとはいえない

   さらに顧客離れを招いている深刻な要因が、コンビニ業界との競争激化だ。コンビニ各社は元々、おにぎりや弁当などに力を入れていたが、ここにきてプライベートブランド(PB)戦略を強化し、総菜をはじめサンドイッチなど手軽に食べられる商品の品揃えや質の向上を図っている。この結果、競合するファーストフード各社から客を奪っているのが実態だ。セブン-イレブン・ジャパンなどで好調な「いれたてコーヒー」はその象徴ともいえ、コンビニ各社はあらゆる工夫で異業種からの顧客奪取につなげている。

   これに対し、マクドナルドは商品のバリエーションが限定的という印象がぬぐえない。「同じファーストフード産業として見れば、品揃えも含めて、マクドナルドがコンビニより魅力あるとはいえない」(外食関係者)との声も聞こえる。いかに競争力ある商品やサービスを提供できるか。信頼回復と並び、マクドナルドの顧客獲得のための課題は重い。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中