子供も性行為も「汚い」から嫌い 「潔癖症」古市憲寿氏の仰天発言

印刷

   若手論客として人気を集めている社会学者、古市憲寿さん(29)の意外な一面が明らかになった。

   2014年10月26日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)の中で子供嫌いを告白した古市さんは、理由についてシンプルにこう説明したのだ。「だって汚いじゃないですか」――。

彼女との「そういうこと」も汚いと思ってしまう

子供は「汚い」?
子供は「汚い」?

   番組ではこの日、保育園や公園で遊ぶ子供の声をめぐる近隣住民との騒音トラブルを扱った。その中で子供が好きかどうか尋ねられた古市さんは「いや大っ嫌いです」と即答し、「だって汚いじゃないですか」と理由を明かした。

   子供が苦手という人はそれほど珍しくないが、「汚い」という率直な理由には出演者陣も驚いたようで、スタジオは笑いに包まれた。それでも古市さんは表情を変えず

「汚いと思っちゃうんです。遊びまわってるし、手も洗ってないかもしれないし、鼻水とかばい菌とか。しかも寄ってきたりするじゃないですか」

と具体例をもって子供に対する嫌悪を示した。どうやら本当に嫌いらしい。

   本題の騒音問題については、自身の好みとは切り離し「しょうがない」との見解を示す。新幹線や飛行機の中で騒ぐ子供にイラッとすることもあるが、子供がいる社会は健全であり、子供がいなければ国は滅んでしまうからだと説明した。

   古市さんが「汚い」と感じるのは子供だけではない。愛する彼女との性行為についても同様のようだ。

   出演者陣のその後の関心は、騒音問題そっちのけで古市さんの恋愛事情に及んだ。今は彼女がいないという古市さんにMCの東野幸治さん(47)が交際経験を尋ねると「いつも付き合っても、『そういうこと』をしなさすぎて振られちゃいます。あまりにも求めなさすぎて、振られちゃいますね」と打ち明けた。

   古市さんいわく、「そういうこと」に興味がないわけではないが「汚いと思っちゃう」という。出演者陣は期待を裏切らない古市さんの回答に大笑いだ。

「唾液の交換好きじゃない」

   とりわけ興味を抱いたようだったのはYOUさん(50)だ。

   「シャワーとかめんどくさいじゃないですか」という古市さんに「私が彼女に言ってきれいにさせるから!」と説得を試みた。それでも古市さんは「いや、きれいなんだけど、でもなんかいろんな液体とか出てくるじゃないですか」と生々しい描写で嫌がり、これにはYOUさんも「液体はお前のほうから出てる!」と返すなど、午前中放送の番組らしからぬやりとりもあった。

   「唾液の交換があんまり好きじゃない」という古市さんは、熱いキスさえも拒みがちのようだ。お笑いコンビ「はんにゃ」の金田哲さん(28)も軽いキスしかできないということが伝えられると、

「その気持ちすごいわかります。軽いのならいいんですけど、何をしたいんですか?あれは。だってちょっと触るだけでいいじゃないですか、挨拶だけだったら」

と話した。コメンテーターの松本人志さん(51)は古市さんの極端な主張を気に入ったらしく、笑いながら「この人いいねえ」「異星人や、異星人」と評した。

   芸能人では金田さん以外にも、たとえばSMAPの中居正広さんが女性とイチャイチャするのが苦手だという潔癖エピソードを披露している。古市さんのような苦手意識を持つ男性は少なからずいるようだ。ただ、物腰やらかな雰囲気の古市さんがストレートな表現で嫌悪感を示したことには視聴者にとっても衝撃的だったようだ。インターネット上には

「子供嫌いって...産まれた時からいきなり大人になったような言い回したな」
「古市ってどんだけ無菌室で飼育されてきたんだ?」

と冷めた声もあるが、

「古市氏、潔癖性過ぎるw」
「この人面白いなぁ」
「正直な発言でいい(笑)」

と意外な一面は面白いものとして受け入れられたようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中