「授乳」はヌード写真なのか フェイスブックが写真削除で大騒ぎ

印刷

   授乳中の写真はヌード写真なのか――。あるイギリス在住女性が愛する我が子に授乳する写真をフェイスブックに投稿したところ、閲覧者がクレーム報告し、写真が一時削除される出来事が起きた。

   フェイスブックは授乳写真の投稿を公式に認めているが、今回は「誤って」削除してしまったのだという。

フェイスブック見解「授乳は自然かつ美しい行為」

ヘルプセンターには「Facebookでは授乳中の母親の写真は認められますか」という質問ページがある
ヘルプセンターには「Facebookでは授乳中の母親の写真は認められますか」という質問ページがある

   問題とされたのは、女性が2014年10月25日ごろ投稿した1枚の写真。報道や彼女のフェイスブックによれば、赤ちゃんは予定より12週も早く生まれたという未熟児で、3日持たないかもしれないと医師に言われたという。写真は初めて母乳を飲んだ時に撮ったもので、小さな口で一生懸命母乳を飲む姿が印象的だ。

   ところが間もなくして、運営側から「別のユーザーからあなたの写真にヌードが含まれていると報告がありました」との通知が届き、写真は削除されてしまった。確かに乳首は大写しになっているものの、かけがえのない瞬間をとらえた1枚が「ヌード」として違反報告されたことに、女性は大きなショックを受けたようだ。

   そこで抗議の意を込め、母乳育児グループのフェイスブックページに写真を再投稿。写真には大量の「いいね!」が付き、コメント欄には賛同する母親たちによる授乳写真がいくつも投稿された。フェイスブックに直接抗議する人も相次いだという。

   その反響の大きさからか、フェイスブックは写真を復活させた。女性には「あなたの投稿写真は誤って削除されました。ただいま、再公開しました」という通知が来たそうだ。

   授乳写真を巡る同様のトラブルはこれまでに何度も起きていた。フェイスブック上には抗議ページも複数あるほどで、そうした事例が生じるごとに批判されてきた。そのためフェイスブックは14年6月、授乳写真に対する見解を掲載した。

「Facebookは、授乳が自然かつ美しい行為であると考えており、育児中の方がFacebookでその経験をシェアしたいと感じてくださっていることを嬉しく思います。このような写真のほとんどが弊社のポリシーに適合しています」

と説明し、投稿を公式に認めた。他のユーザーから不適切と指摘があった場合のみ、確認をとるという。

「乳首が写ってるのはちょっと」「友達が載せたらドン引き」

   だがフェイスブック側が認めたとしても、授乳写真の捉え方は人によってさまざまだ。「不適切」報告をする人が多ければ、今回のように「誤って」削除してしまう例も一つや二つでは収まらないだろう。

   もちろん日本でも起こり得る話だ。もともとレストランや電車内で授乳することに抵抗感を示す人は少なくない。「食欲が失せる」「恥ずかしくないのか」といった厳しい声もある。

   授乳写真も同様のようで、今回の騒動を受けインターネット上には、

「胸や乳首が写ってるのはやっぱりちょっと抵抗あるかな」
「友達が載せたらドン引き。卑猥じゃないけど、不快です」
「公共の場でおっぱい出して授乳していい社会じゃないんだから削除は当然」

などという意見も多数あがっている。

   ちなみに今回騒動となった女性は、写真を一般公開していたわけではなく、家族や友人のみが閲覧できる状態で投稿したという。顔を知っている何者かが「不適切」報告をしたと考えられ、そうした意味でもショックは大きかっただろう。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中