世界から批判集中の「ナンパ師」、CNNで「悪気なかった」と謝罪

印刷

   「東京では、白人だったらどんな日本人女性ともヤリ放題」などと豪語し、世界各国から批判を集めている「ナンパ師」のジュリアン・ブランク氏が2014年11月17日、米CNNテレビのインタビューに応じた。

   米国人のジュリアン氏は、これまで「ナンパ師」として世界各地で講座を行ってきた。9月上旬、インターネット上に講座の動画が公開されると、女性蔑視とも受け取れる発言や暴力を推奨するような発言に世界中から批判が集中。抗議が殺到したオーストラリアではビザが取り消され、イギリスでは入国拒否となり、日本でも入国拒否を求める署名が3万4000筆集まっていた。

   CNNでインタビュアーに「今、世界で最も嫌われている男」として紹介されたブランク氏は、はじめに「僕が不快な思いをさせてしまった人たちに謝罪したい」と述べた。それでも、問題視されている発言については「決して悪気はなかった」「確かにひどいユーモアだった」などと釈明する。

   女性の首をつかんでいる画像についても「前後の流れを無視して(ネット上で)切り取られたもの」と説明。その上で「受講者の多くは人付き合いが苦手な人たちです。彼らに女性とうまく接するにはどうすべきか、自信をつける方法を教えている」と主張した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中