アギーレ監督「一切やっていない」八百長疑惑を否定

印刷

   八百長に関与していた可能性が報じられているサッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督は、2014年12月4日に来日し、日本サッカー協会の聴取に応じた。

   同日、協会は会見を開き、事情を聴いた協会法務委員長の三好豊弁護士は「監督は『一切やってない』と明言した。八百長に関わったと示す事実はなかった」と説明した。一方で、スペインの検察から起訴された場合は2015年2月に裁判所に出頭する可能性があるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中