パソコンからのネットサービス利用大幅減 ニールセン調査

印刷

   調査会社のニールセンは2014年12月16日、2014年のインターネットサービス利用者数ランキングを発表した。スマートフォン(スマホ)による利用者増とは対照的に、パソコン(PC)からは大きく減少した。

   PCによるネットサービスで利用者数が最も多かったのはヤフーで、以下グーグル、FC2、ユーチューブ、マイクロソフトと続く。しかしトップテンにランクインしたサービスの利用者数は、すべて前年比2ケタ減となった。

   一方、スマホでのランキングは首位グーグル、以下ヤフー、LINE、フェイスブック、楽天となっている。グーグルの利用者数は前年比33%増で、他のサービスも軒並み大きく伸ばした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中