年間CD売上のトップ5を「AKB48」が独占

印刷

   オリコンが2014年12月20日に発表した2014年の年間CD売上ランキングで、1位から5位をアイドルグループ「AKB48」が独占した。また、ランキング50位までを見ると「AKB48」関連グループと、「嵐」といったジャニーズのグループが目立ち、この2つの集団で全体の5分の4を占めた。

   年間1位は「ラブラドール・レトリバー」で、「希望的リフレイン」、「前しか向かねえ」、「鈴懸の木の道で『君の微笑みを夢に見る』と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」、「心のプラカード」と、「AKB48」の楽曲が続いた。6位、7位は「嵐」の「GUTS!」「Bittersweet」、8位は「乃木坂46」の「何度目の青空か?」、9位は「EXILE TRIBE」の「THE REVOLUTION 」、10位は「乃木坂46」の「気づいたら片想い」だった。ベスト50には「SKE48」「NMB48」「HKT48」といった「AKB48」関連グループや、「関ジャニ∞」「Sexy Zone」「SMAP」「Kis-My-Ft2」「KinKi Kids」などジャニーズ系グループが入った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中