靖国神社で境内の一部焼くボヤ 無職男を逮捕

印刷

   東京都千代田区の靖国神社で2014年12月31日、境内の一部が焼けるボヤがあった。報道によると、警視庁は東京都日野市の無職の男(25)を現行犯逮捕。男は焼身自殺を試み、靖国神社で死ねば祭ってもらえると思ったなどと供述しているという。ぼやによって、本殿横にある「鎮霊社」の壁の一部などが焼かれたが、けが人などはなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中