トヨタのFCV「ミライ」の性能はすごい 走りは「ガソリン車を凌駕する!」

印刷

   トヨタ自動車が世界初の量産燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を、2014年12月15日に発売した。ホンダも量産FCVを2015年度中に発売すると発表しており、政府は普及の鍵を握る「水素ステーション」の整備などを支援する。

   トヨタ、ホンダの参入で、2015年はFCV元年となるのだろうか――。

1回の水素充填で約650キロメートル走る

もうガソリン車はいらない!?(画像はトヨタの燃料電池車「MIRAI」)
もうガソリン車はいらない!?(画像はトヨタの燃料電池車「MIRAI」)

   トヨタのFCV「ミライ」は、クラウンサイズの4人乗りセダンで、価格は723万6000円(消費税込み)。政府から202万円の補助金が出るため、実質的に520万円程度となる。かつてFCVは1台1億円とされたが、市販車の実質価格はレクサスや 欧州高級車並みの価格にまで低下した。トヨタはトヨタ店とトヨペット店で販売し、2015年末までに約400台を販売する計画だ。

   FCVは2000年代初頭からトヨタやホンダ、フォルクスワーゲ ンなどがプロトタイプ車(量産化に向けた試作車)をリース形式で官庁や法人向けに供給していた。ホンダが米国で個人ユーザーにも販売した前例はあるが、一般ユーザー向けに本格的に発売したのはトヨタが世界で初めてだ。

   水素を燃料に自ら発電して走るFCVは、モーターを駆動する点で電気自動車(EV)と同じだが、EVが通常充電で約8時間、急速充電でも約30分かかり、航続距離が200キロメートル程度(JC08モード)と短いのに対して、FCVは1回の水素充填が約3分と短く、約650キロメートル走るのが最大の特徴だ。

   トヨタは、「ガソリンエンジン車と同等の利便性を備えている。全車速域モーター走行による優れた加速性能と圧倒的な静粛性や低重心化によって、操縦安定性を高めた走りの楽しさ、停電や災害など非常時に使える大容量外部電源供給システムなど次世代車にふさわしい価値を提供している」と、力を込める。

   筆者はこれまで国内外のFCVをテストしたが、FCVのパフォーマンスはガソリン車と遜色ないどころか、低速から押し出すようなモーター特有の走りはガソリン車を凌駕していると言ってもよい。

   ミライは最高出力113KW(154ps)、最大トルク335Nm(34.2kgm)で車両重量は1850kg。最高速度は175km/h、0から100km/hまでの加速は9.6秒という。決してスポーツセダンのような速さはないが、トヨタが主張する「モータードライブから生まれる異次元の走行フィール」は、文字通り「未来の走り」を予感させる。

15年度に水素ステーションを100か所に倍増させる計画

   さらに、トヨタは2015年1月5日、FCVの普及を促進するために「ミライ」にかかる特許約5680件を、競合他社に無償でライセンスすると発表。2020年までの期限付きとはいえ、FCVの普及への「本気度」がうかがえる。

   一方、問題はこれまでも再三指摘されているとおり、「水素ステーション」の設置箇所が限られていることと、水素の価格が割高なことだ。経済産業省によると、2014年7月末で水素ステーションの運用箇所は首都圏26、中京圏11、関西圏4、北部九州圏4の45か所にとどまる。ガソリンスタンドが全国に約3万5000か所、EVの急速充電施設が約3000か所あるのに比べると、インフラ整備は圧倒的に遅れている。

   このため、当面ミライの販売エリアは水素ステー ションがある4大都市圏に限られるとみられる。水素ステーションの設置には1か所あたり4億~5億円と高額なのがネックとなっている。このため 経済産業省は2015年度に4大都市圏を中心に水素ステーションを100か所に倍増させる計画で、民間への補助金として110億円を措置する方向でいる。

   ほかにも、2015年度の政府予算では経済産業省が「FCVの世界最速普及を実現するための国際標準化」や「一層安心して受け入れられる水素ステーションの構築」に向けた水素利用技術の研究開発に45億円を要求。国土交通省、文部科学省、環境省なども「水素社会推進」の関連予算を集中的に要求しており、官民が連携してFCVの普及を後押しする方針だ。

   「水素ステーション」は、東京都も2020年の東京五輪・パラリンピックまでに35か所、2025年には80か所を整備する計画で、すでに14年11月の補正予算で40億円を計上している。また、14年12月には岩谷産業とセブン‐イレブン・ジャパンが店舗併設に関する包括合意書を締結し、2015年度に東京都と愛知県に水素ステーションを併設したセブン‐イレブン2店舗をオープン。FCVの普及に、着々と準備が進められている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中