イスラム教徒ら、風刺画転載に抗議 東京新聞は侮辱の意図を否定

印刷

   預言者ムハンマドの風刺画を掲載したことに対し、日本在住のイスラム教徒ら約50人が2015年1月21日、東京新聞を発行する中日新聞東京本社(東京都千代田区)前で抗議活動を行った。新聞各紙が報じた。

   東京新聞では、仏週刊紙「シャルリー・エブド」が銃撃後に載せた風刺画を13、14日に転載していた。抗議活動では、東京新聞に対し、謝罪記事を載せることなども求めた。東京新聞側は、マスコミ取材に対し、「イスラム教を侮辱する意図はまったくなく、問題の判断材料を読者に提供するために載せた」とコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中