メキシコ料理、タコベルが日本再上陸 店舗は「牛角」のアスラポート・ダイニングが運営?

印刷

   焼肉チェーン「牛角」などを運営するアスラポート・ダイニング(東京都港区)が、米大手ファストフードチェーン「Taco Bell(タコベル)」の日本再上陸に関わる可能性が出てきた。

   JPドメインを管理する日本レジストリサービス(東京都千代田区)のドメイン検索サービス「WHOIS」によると、「tacobell.co.jp」のドメインが「株式会社アスラポート・ダイニング」の名義で2015年2月3日に登録されている。「co.jp」ドメインは、登録するにあたり日本国内での法人登記が必要で、法人登記前の仮登録でも6か月以内に組織を設立しなければならない取り決めだ。噂されているタコベル日本再上陸はますます現実味を帯びてきた。

日本には一度上陸したものの撤退

「牛角」運営のノウハウを生かす?(画像はイメージ)
「牛角」運営のノウハウを生かす?(画像はイメージ)

   タコベルはタコスやブリトーなどのメキシコ料理を提供するファストフードチェーンで、現在、海外26か国に250店舗を運営している。

   日本には1980年代に一度「上陸」。東京や大阪、名古屋などに店舗を構えたものの、その後撤退した。

   タコベルの日本再上陸は2014年12月4日、全米レストラン業界(NRA)の業界誌「Nation's Restaurant News(ネーションズレストランニュース)」電子版で報じられ、15年1月ごろから日本でも話題となり始めた。ネーションズレストランニュースの当該記事によると、親会社の「Yum! Brands(ヤム・ブランズ)」が14年12月2日、2022年までにイギリス、ポーランド、インド、日本、韓国、チリなどへ店舗を展開すると発表したという。具体的な時期や場所、運営主体などは明かされていない。

   これがネットニュースなどで報じられると、「早く行きたい!!」「マジかよ!!大阪きてブリトー売って」など、期待の声が続々上がった。

   一方のアスラポート・ダイニングは、「牛角」を筆頭に居酒屋チェーン「とりでん」「浪花屋鳥造」などを運営している。

   同社は取材に対し、「コメントは差し控えさせて頂きます」と答えた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中