プリマハム、異物混入でフライドチキン約6万個を自主回収

印刷

   プリマハムは2015年2月28日、フライドチキン商品の一部にビニール製のチューブ片が混入した恐れがあるとして、「スパイシースティック 260g」と「StyleONE骨なしフライドチキン 120g」の約6万2000個を対象に自主回収すると発表した。

   同社広報部によると、消費者から異物が入っているとの指摘を受け、2月27日に現物を確認した。調査の結果、製造工場内の呼び出しブザーに付けたヒモのカバーがなくなっており、同社ではこれが混入したとみている。

   回収対象となるのは、スパイシースティックのうち保存方法が4度以下で賞味期限が4月1日~4日までの商品と、保存方法が10度以下で賞味期限が3月17日~20日の商品。フライドチキンのうち賞味期限が3月28日、29日の商品。

   該当商品を送付した消費者には、商品代金相当のクオカードを後日送る。問い合わせは同社お客様相談室0120-486-086へ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中