「住みたい街」1位は吉祥寺 「目黒」「武蔵小杉」も急上昇

印刷

   リクルート住まいカンパニーが2015年3月2日、「みんなが選んだ住みたい街ランキング関東版」を発表し、総合ランキング1位に4年連続で吉祥寺(東京都)が選ばれた。都心へのアクセスの良さや、店舗の豊富さ、緑豊かな景観などが評価された。

   14年に11位だった目黒は4位に上昇。大規模マンションやオフィスタワーの建設など駅前再開発も進んでいること、人気の飲食店やセンスのいい小売店が充実していることが高評価につながった。同9位だった武蔵小杉も5位にランクアップ。JRと東急線が乗り入れる交通利便性に加え、14年には2つの大型商業施設がオープン、今後も開発が進んでいることから、期待値も高いようだ。

   2~10位は、恵比寿、横浜、目黒、武蔵小杉、品川、中目黒、表参道、池袋、新宿の順だった。

   調査は15年1月23日~26日にかけて、関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)に住む20~49歳の男女、計3000人にウェブアンケート形式で実施した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中