「路チュー」議員の過去のつぶやきが話題に 男女の濃密駅チューに「こんなことは外国のことと思ってた」と呆れていた

印刷

   自民党、中川郁子農林水産政務官 (56)との「路上不倫キス」報道で突如注目集めることとなったお相手の門博文衆院議員(49)は、2015年3月6日までにツイッターアカウントに鍵をかけてしまった。

   批判が殺到するのを恐れたのか、はたまた過去のつぶやきが蒸し返されることを嫌がったのか。事情は明らかにされていないものの、インターネット上では、すでにあるツイートが話題になっている。

2人がキスをしていたのは夜の「六本木の路上」

過去にはこんなツイートを投稿していた(画像はツイートのキャッシュより)
過去にはこんなツイートを投稿していた(画像はツイートのキャッシュより)

   3月5日発売の「週刊新潮」は、西川公也農水相が辞任した2月23日の夜、中川氏が東京都内の路上で門氏とキスを交わすなど不適切な行為があったことを写真付きで報じている。故中川昭一財務相の未亡人である中川氏は現在独身。一方、門氏は妻帯者で3人の娘がいる。

   街中でキス現場を目撃した際にどう感じるかは人それぞれだが、少なくとも門氏は日頃から「公衆の面前でのキス」を快く思っていなかったようだ。実は過去にツイッターでこんなことをつぶやいていた。

「東京駅に向かう地下鉄のホームの片隅。抱き合う若い男女の『濃密な』キスシーンに遭遇しました。こんな朝っぱらから、しかも人目も憚らず。こんなことは外国のことと思ってた私は一昔前の人間でしょうか」(2013年6月)

   ところがツイートから約1年8か月後、門氏は外国ではなく東京の路上で中川氏と熱いキスを交わすこととなった。週刊新潮の記事によると、2人は人通りの少ない裏通りで約5秒間、唇を重ねたという。会ってからわずか20分ほどでの「ディープキス」だったそうだ。さらに22時15分ごろにも薄暗い歩道で強く抱き合いながらキスをしたという。

   若い男女がキスをしていたのは、朝早くの「ホームの片隅」。熟年2人がキスをしていたのは夜に賑わいをみせる「六本木の路上」である。

ツイートはすでに削除

   報道後、門氏は「このような時期に大変申し訳ございません。お酒で気が緩み軽率で誤解を招く行動だったと深く反省しております。二度とこのような事のないよう、今後も誠心誠意職務を全うして参ります」とのコメントを発表した。

   現在の「路チュー」についての見解などを聞くため事務所に取材を申し込んだが、「発表コメント以外はお答えできない」(担当者)として話を聞くことはできなかった。ただし、先ほど紹介したツイートはすでに削除されているため、もしかしたら見方が変わったのかもしれない。

   一方の中川氏も5日、「酒席の後であったとはいえ軽率な行動だった。深くおわびします」とするコメントを発表した。6日の衆院予算委員会に民主党から出席を求められたが、5日中に体調不良で入院したとして欠席。安倍晋三首相は「今後は公人として誤解を受けることのないよう、自らを律しつつ、政務官としての職務に全力で取り組んでもらいたいと考えている」と述べた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中