韓国・朴大統領が起死回生 支持率急上昇のナゾ

印刷

   低迷していた韓国・朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が、この1か月ほどで10ポイント以上もアップしたなどと、韓国メディアが報じている。それも、マーク・リッパート駐韓米大使の襲撃事件が起きてからだというのだ。

   就任から2年が経った朴槿恵大統領は、長引く不況を克服できず、韓国メディアからも「実績がない」と批判され続けている。2015年1月27~29日のギャラップ社世論調査では、ついに支持率も3割を切り、29%にまで落ち込んだ。

「米韓同盟の危機を感じて国内の保守層が結束」?

   2月に入ってからも低空飛行が続いたが、ここに来て、支持率アップが連日のように韓国メディアに報じられている。

   朝鮮日報などによると、朴大統領の支持率は、ギャラップ調査で3月に入って37%に達し、10~12日には、ついに40%台目前の39%にまでなった。

   さらに、別の調査機関による世論調査によると、10日には支持率が46%にまで達したという。そのことを報じた韓国メディアでは、50%台に迫る勢いだとも指摘している。

   支持率の上昇は、リッパート大使が5日に北朝鮮シンパともされた暴漢にナイフで顔を切られる事件があってからだった。

   韓国メディアでは、その理由について、米韓同盟の危機を感じて国内の保守層が結束したためではないかと分析するところが多かった。つまり、韓国も北朝鮮シンパから狙われた被害者であり、国難のときには一致団結して大統領を支え、テロと戦わなければいけないと考えるからだという。

   確かに、ギャラップ調査では、朴大統領の支持理由としては、「外交?国際関係」が3割を占めて一番多かった。年齢別では、働き盛りの20~40代が10~20%台と支持が低いが、50代で52%、60代以上では74%も支持されていた。

   また、朴大統領が1~8日に中東4か国を訪問した外交面での効果も挙げられていた。朴大統領は帰国後すぐにリッパート大使を見舞いに病院を訪れ、強固な米韓同盟をアピールしている。

反日を打ち出すときも一時的に支持率アップ

   とはいえ、朴槿恵大統領の支持率アップが日本でも紹介されると、テロ行為があったのに支持率が上がることに違和感があるという声がネット上で次々に上がった。

   「訳がわからない」「普通はテロ事件を防げなかったとの理由で支持率は落ちるけどな」「価値観違いすぎ......」といったものだ。

   確かに、米高官が日本寄りの発言をしていると韓国内でアメリカ批判の声が上がるなどしていた矢先だっただけに、事件直後から警備上の失態を指摘する声は多かった。

   韓国のネット上でも、若い世代が多いためか、支持率アップについて疑問視する書き込みが相次いでいる。

「この政権は北風の外には信じることがないことを再確認させた事件」
「結局、彼女は国内にいてはいけないという事実の証明になりましたね」
「朴大統領は、運がたくさんフォローしている人という気がする」

   もちろん、「朴大統領の愛国心を信じる」「安全保障面は大統領がとてもよくやっているではないか」と支持する声もあるが、韓国内でも、冷ややかな見方が多いようだ。

   韓国では、反日を打ち出したときも一時的に支持率が上がるとされているが、朴大統領が今後、国民が望んでいる景気向上などの実績を残せなければ、長期安定政権への道は厳しそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中