赤旗コラムがAKB新曲持ち上げる 「平和の願いこめた歌」で安倍政治と無関係ではない?

印刷

   AKB48の新曲が、日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の看板コラムに取り取り上げられ、話題になっている。コラムによると、「平和の願いをこめた歌が共感とともにひろがって」おり、AKBの新曲もそのひとつだと説く。この現象は「戦争への道を声高に進む安倍政治と無関係ではない」のだという。

   新曲のタイトルは「僕たちは戦わない」(2015年5月20日発売)。コラムでは「戦わない」ことを称賛した形だが、共産党は自民党との対決姿勢を鮮明にしており、赤旗紙面にも「たたかう」という言葉が何回も登場している。こういったこともあって、コラムの牽強付会ぶりに対して違和感を唱える声も出ているようだ。

  • 島崎遥香さんは新曲「僕たちは戦わない」でセンターポジションを務める(2013年3月撮影)
    島崎遥香さんは新曲「僕たちは戦わない」でセンターポジションを務める(2013年3月撮影)
  • 6月6日には福岡市のヤフオクドームで「選抜総選挙」の開票イベントが開かれる(写真奥がヤフオクドーム、手前左側がHKT48劇場)。主に新曲「僕たちは戦わない」を買った人の投票で選抜メンバーの座を争う
    6月6日には福岡市のヤフオクドームで「選抜総選挙」の開票イベントが開かれる(写真奥がヤフオクドーム、手前左側がHKT48劇場)。主に新曲「僕たちは戦わない」を買った人の投票で選抜メンバーの座を争う

ぱるる「歌詞に注目してみてほしいです」

   新曲への言及があったのは、4月12日の1面コラム「潮流」。朝日新聞で言う「天声人語」の位置に掲載されている。

   コラムでは、歌詞の一部を、

「歌い出しは『僕たちは戦わない/愛を信じてる』。『憎しみは連鎖する/だから今 断ち切るんだ』というフレーズも」

と紹介しながら、「激しいダンスの中から平和へのメッセージが伝わってきます」と評している。

   新曲のセンターポジションを務めるのは島崎遥香さん(21)。テレビで初めて新曲を披露した4月4日、島崎さんはトークアプリ「755(ナナゴーゴー)」で、利用者に「ぱるる、今何してる?」と質問され、その返信の中で歌詞の内容についても触れている。

「僕たちは戦わないの歌詞をもう一度改めて読み返していました ダンスナンバーということばかりが前に出がちですが歌詞に注目してみてほしいです。 世界中のみんなにきいてほしい」

「自衛官の募集CMに起用されたこともある『ぱるる』こと島崎遥香さん」

   この島崎さんの発言は赤旗コラムでも引用されている。ただ、コラムでは島崎さんは「自衛官の募集CMに起用されたこともある『ぱるる』こと島崎遥香さん」という独特の枕詞つきで紹介され、発言が引用されたすぐ後には、おなじみとも言える「赤旗節」が展開された。

「サザンオールスターズもそうですが、いま平和の願いをこめた歌が共感とともにひろがっています。それは戦争への道を声高に進む安倍政治と無関係ではないでしょう。真っ先に戦地に送られるのは自衛官であり、若者たちです」

   14年末のNHK紅白歌合戦には、サザンオールスターズの桑田佳祐さん(59)がチョビひげ姿で登場し、「ヒトラーに扮して安倍首相を揶揄した」などと騒ぎになった。この見方は後に桑田さん本人が否定し、騒動について謝罪しているが、安倍政権を批判する人の間では桑田さんのパフォーマンスを支持する声が根強い。

   コラムが掲載された4月12日は、第18回統一地方選挙の前半戦の投開票日。コラムはこう締めくくられた。

「横浜ではこんなビラが配られていました。『選挙に行こう! あなたの1票が明日の横浜をつくる』。そして、若者を戦場に送らない、戦争する国づくりノーの願いを日本共産党に」

「僕たちは戦わない」の売り上げで選抜総選挙を戦う

   このコラムをめぐっては、大きく2つの矛盾について違和感を指摘する声が出ている。ひとつが共産党の「たたかう」姿勢だ。例えば3月23日の紙面には、22日に志位和夫委員長が反政権デモで行ったスピーチの内容を収録。そこには、

「私は、ともに最後までたたかう決意を込めて、心からの連帯のあいさつを送ります」

とある。

   4月8日の紙面でも、党員に占める女性の割合が47.2%と高いことについて

「安倍政権の暴走をくいとめたいと、たたかう党の一員となっています」

などと紹介されている。こういった姿勢が奏功したのかは不明だが、道府県議選では、改選前は80だった議席数を111に大幅に伸ばし、「空白県」を解消している。

   もうひとつは、AKB側の事情だ。6月6日に福岡市のヤフオクドームで開票イベントが開かれる選抜総選挙では、主に新曲の売り上げで8月発売の新曲の選抜メンバーの座を争う。「僕たちは戦わない」という曲名とは全く逆に、この曲をめぐってグループ内で壮絶な戦いを繰り広げることになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中