女性芸能人の「寝起き&寝顔」公開ブーム 「本当に寝ているの」「誰が撮ったの」と疑問噴出

印刷

   女性芸能人が写真共有SNS「インスタグラム」で公開するプライベート写真がインターネット上で話題になるケースが増えている。

   最近は寝顔&寝起き写真の公開がプチブームになっているようで、ネットメディアもこれを「寝顔写真が話題」「寝起き写真公開でファン絶賛」などと競って報じている。

  •  美しい「腹筋」写真も話題になったローラさん(2012年11月撮影)
    美しい「腹筋」写真も話題になったローラさん(2012年11月撮影)

菜々緒、実際の寝顔は「目&口半開き」

   「次元一可愛い」「すっぴん可愛すぎ」「寝起きでこれはやばすぎる」――。モデルのローラさんが2015年4月9日に投稿した写真には、こんな絶賛コメントが数多く寄せられた。

   ベッドに寝転ぶパジャマ姿のローラさんが写っており、14日時点で7万件近い「いいね!」と300件以上のコメントが付いている。「ローラの寝起きベッド写真が話題に」と報じた記事は注目を集め、Yahoo!ニュースのアクセスランキングでも上位に入っていた。

   3月には、女優の戸田恵梨香さんが公開した寝顔写真も大きな話題となった。愛犬たちとお昼寝している自身の姿を写したもので、スヤスヤという寝息が聞こえてきそうだ。

   同月にはモデルの菜々緒さんも「zzz」という絵文字とともに目を閉じて横になっている写真を公開。メークこそばっちり決まっているが、髪はセクシーに乱れ、リラックスした表情を浮かべている。ファンからは「寝顔美人って素敵」「眠れる森の美女」などと大反響だった。

   普段お目にかかることのできない貴重な素顔とあり、寝起き&寝顔写真はファンにとってはたまらないものだろう。だが、これらがすべて「本物」かというと微妙なところだ。

   たとえばローラさんの写真には、「#morningselfie」というハッシュタグが付いているだけで、寝起き直後に撮影したものなのかは不明だ。熟睡しているように見える戸田さんの写真には、「誰が撮ったの?」「戸田さんは寝ているのに」といった疑問の声もいくつか寄せられていた。

   菜々緒さんにいたっては、14年4月放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)で衝撃的な寝顔写真を公開し、出演者陣を驚かせた過去がある。インスタグラムの写真とは似ても似つかぬ姿で、本人も「(寝ている時は)目開いてるし、口開いてるし、いびきかくし、寝言いうし、歯ぎしりするし、もうすごいんですよ」と告白していた。

今後は「腹筋」見せ写真がブーム?

   そのためネット上では、寝起き&寝顔写真が話題になるたびに、

「こういう人がほんとの素の状態なんて見せるわけない」
「頑張って撮ってアップしている姿を想像すると...」

などと冷めた声も少なくない。

   こうした反応は、ひところ盛り上がりをみせた「すっぴん公開」ブームが、その後「どうせすっぴん風メークでしょう」「光当てすぎ」などと見放されたのと相通じるものがある。

   一方で「作為的」などと反感を買うことなく、ブームとして定着しているのが昔の写真の公開だ。これまでにも戸田恵梨香さん、水原希子さん、仲里依紗さん、ざわちんさんら多くの女性芸能人が過去の写真をインスタグラムでお披露目し、反響を呼んだ。

   また、最近ではローラさんや紗栄子さんが美しい腹筋を「チラ見せ」して、注目を集めた。

   インスタグラムは芸能人たちにとってファンとの交流の場であると同時に「イメージ戦略」「自己プロデュース」の場でもある。仮に「話題づくり」であったとしても、「可愛い寝顔」ではなく「鍛え上げれた腹筋」ならばさほど反感は招かないだろう。露出の増える夏に向け、今後は「腹筋写真」の公開がブームになるかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中