「相手が『もういいでしょう』と言うまで謝るしかない」 村上春樹氏「歴史認識」に百田氏噛みつく

印刷

   作家の村上春樹氏(66)のインタビューに、作家の百田尚樹氏(59)がかみついた。村上氏は歴史認識について「ちゃんと謝ることが大切」だと述べ、相手国が納得するまで謝罪することが必要だとしたが、百田氏は「小説家なら、相手が『もういい』と言う人間かどうか、見抜けそうなもんだが...」と、謝罪には否定的だ。

   「そんなこと言うてもノーベル賞はもらわれへんと思うよ」ともツイートし、謝罪アピールが村上氏の国際的評価を高めるわけではないとも指摘したが、この指摘には反発も強かったようだ。

  • 村上春樹氏の持論に異論が出ている(写真は2014年11月にドイツで行われた文学賞の授賞式で。picture alliance/アフロ)
    村上春樹氏の持論に異論が出ている(写真は2014年11月にドイツで行われた文学賞の授賞式で。picture alliance/アフロ)

話題は地下鉄サリン事件、原発事故など多岐にわたる

   村上氏のインタビューは「時代と歴史と物語と」と題して共同通信が配信。4500字を超える長文インタビューだ。紙面掲載日は加盟社によってまちまちで、東京新聞では4月17日、西日本新聞では4月19日に掲載された。

   話題は1995年の地下鉄サリン事件や2011年の東京電力福島第1原発事故など多岐にわたる。歴史問題をめぐっては、中国や韓国が力を増した結果として

「相対的に力が低下してきた日本には自信喪失みたいなものがあって、なかなかそういう展開を率直に受け入れることができない」

と指摘。中国経済や軍事バランスが今後どう変動するかは「わかりません」と断った上で、歴史問題について持論を述べた。

「ただ歴史認識の問題はすごく大事なことで、ちゃんと謝ることが大切だと僕は思う。相手国が『すっきりしたわけじゃないけれど、それだけ謝ってくれたから、わかりました、もういいでしょう』と言うまで謝るしかないんじゃないかな。謝ることは恥ずかしいことではありません。細かい事実はともかく、他国に侵略したという大筋は事実なんだから」

村上氏に否定的なツイートで「フォロワーがごっそり減った」

   こういった村上氏の発言を、百田氏はツイッターで、

「そんなこと言うてもノーベル賞はもらわれへんと思うよ」
「小説家なら、相手が『もういい』と言う人間かどうか、見抜けそうなもんだが...。それとも本音は『1000年以上謝り続けろ』と言いたいのかな」

などと疑問視した。ただ、村上氏を支持するツイッター利用者も多かったようで、百田氏曰く「フォロワーがごっそり減った」。それでも、

「それにしても、村上春樹もそこまで言うなら、自分が韓国に言って謝ってきたらいいのに」

と村上氏の発言には納得していない様子だ。

韓国紙、村上発言根拠に「謝罪するべきことは素直に謝罪する誠意ある姿勢」求める

   百田氏の指摘以外にも、村上氏の発言が韓国側に利用されているとの指摘も出そうだ。

   中央日報は4月18日に村上氏のインタビューを報じる中で、

「村上氏が異例にもインタビューに応じてこのように強調したのは8月の戦後70年談話(安倍談話)で『侵略』『 植民地支配』『お詫び』という言葉を避けようとする安倍首相に覚醒を促したと解釈される」

と論評。これとは別に社説でも村上氏のインタビューにふれ、

「日本にも歴史問題に正しい認識を持つ知性人が少なくないことを見せてくれる」
「このような村上氏の指摘に共感する日本人は少なくないはずだ。今回の発言をきっかけに、認めるべき過去の過ちをはっきりと認め、謝罪するべきことは素直に謝罪する誠意ある姿勢こそ、日本を普通の国にする最も大きな力になるという認識が日本国内に広がることを望む」

と主張。日本側に謝罪が足らないとの認識を改めて示している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中