ポールスミスのシャツ0円はシステムエラー? ZOZOTOWN突然の「0円商品」祭に利用者が疑心暗鬼

印刷

   ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」で2015年4月22日夜、大量の商品が0円で販売される「珍事」が起きた。

   ZOZOTOWNユーザーらからはシステムエラーを疑う声も出ていたが、23日には公式サイト上でタネが明かされた。

  • 23日にタネ明かし(画像は公式サイトのトップページ)
    23日にタネ明かし(画像は公式サイトのトップページ)

カートに入れられるのは1点のみ

   「0円商品」は22日夜に突然現れた。シャツにカーディガン、バッグにメガネ...人気ブランドのさまざまなアイテムがいずれも0円だ。この「祭」にネット上は騒然。気づいたZOZOTOWNユーザーはとりあえず購入してみたようだが、ZOZOTOWN側からアナウンスがなかったこともあり、半信半疑だった人も少なくなかったようだ。ツイッターには、

「0円のやつガチなのかな?ポールスミスのシャツ0円だったんだけどwww」
「ほんとに0円だ 安すぎちゃってどうしよう 怪しくてどうしよう ゾゾタウン」
「購入しちゃったけどシステムエラーっぽいし余計な手間掛けてごめんなさい」

などといぶかる声がいくつもあがっていた。

   ただ、0円商品はカートに1点しか入れられないことや、購入が完了すると「Thank you 10 Years.」のメッセージが表示されることから、ゲリラ的に行われているセール企画との見方が広まった。

   運よく購入できたユーザーもいれば、惜しくも逃してしまったユーザーもいた。「申し訳ございません。お客様の希望商品はタッチの差で他のお客様に購入されてしまいました」という悲しいメッセージが表示されたユーザーからは、嘆きの声が漏れた。

「タッチの差で売り切れましたとかキレそう笑」
「辛うじて残ってたやつ買おうとしたらタッチの差で売り切れた...」
「0円セールに滑り込んだものの、タッチの差で落とせなかったですまる」

0円商品は「約2万点」

   一体、0円騒動は何だったのか。ZOZOTOWNは23日、公式サイトのトップページでこう発表した。

「おかげさまでZOZOTOWNは昨年末に10周年を迎えることが出来ました。10年間の感謝の気持ちを込めて、約2万点総額2億円相当の商品を昨晩からこっそり0円で販売しておりました。毎日サイトに来てくれるお客様へのサプライズプレゼントです」

   幸運なユーザーたちのもとには後日、戦利品が届くことだろう。なお23日12時時点、0円商品は1個も残っていない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中