中華圏観光客がラーメン爆食 「店の行列の半数以上」の時も

印刷

   中国、台湾、香港といった中華圏からの観光客の食事のお目当ては、ラーメンなのだそうだ。食事時や飲酒をした後のシメに行ってみると、店の行列の半数以上が中華圏から来た観光客だったりすることも。

   ラーメンの中でも特に豚骨系の人気が高いようで、福岡発祥の「一蘭(いちらん)」道頓堀店には昨2014年だけで中華圏の観光客を中心に約40万人の外国人が来店した。増え始めたのは3年くらい前からのようだが、どうしてこんなに日本のラーメンが注目を集めているのだろうか。

  • ラーメンを目当てに観光に訪れる人が急増
    ラーメンを目当てに観光に訪れる人が急増

日本食といえばスシやテンプラではなくラーメン!

   2015年4月23日の昼に東京新宿にある「一蘭」に行ってみると11時50分時点で20人ほどの行列ができていた。スーツを着たサラリーマンやOL、小学生くらいの男の子と幅広い客層だったが、行列は少し騒がしかった。というのも、中国語で大きな声を出して会話をしている人が多数いたからだ。20人の行列のうち半数以上が中国語を使っていた。

   順番が来てテーブルに案内されると10分も経たないうちにラーメンが出てきた。後から来て左側に座った30代後半くらいの女性は中国語と英語を混ぜて話していた。右肩にはパンパンに詰まったショルダーバックを掛けていて、興奮しているせいか立ったり座ったりを繰り返した。その度にショルダーバッグがこちらに当たることになり、体が揺れてしまって上手く食べられない状態になった。女性は男女の仲間数人と来店しているようで、席の離れた相手と大きな声で会話をしていた。一人の男性は、他の店で買ったものなのだろう、ペットボトル入りのお茶を手に持ち仲間の側に行って、お茶を飲みながら満面の笑みで談笑を始めた。やがて店内ではスマホを使い食べているシーンの撮影会のようなものが始まった。ちょっとしたパーティーを見るようなものだった。店を出ると行列は30人に増えていた。その行列の中には中華圏から来たと思われる若いオシャレなカップルもいて、女性は眼を輝かせながら、早く順番が来ないかとソワソワしていた。

   中華圏の人々にとって日本食といえばかつては寿司や天ぷらだったようだが、ここに来てラーメンを目当てに観光に訪れる人が急増し、人気ラーメン店で食事をすることがステータスのようになっている。ラーメンは中国発祥というのが一般的な理解のはずだが、日本独特の食べ物という認識が定着しているのだという。実は、このラーメンブームのきっかけされている一つがこの「一蘭」なのだ。

海外からの出店依頼が増えている

   一蘭の広報に話を聞いてみると、中華圏からの観光客が増え出したのはおよそ3年前からで、日本に来た記念として食べに来る客も多い。道頓堀店だけで1年間に40万人もの外国人が来店するようになっている。なぜ客が増えたのかというと、味が気に入ってもらえたことはもちろんだが、独自のサービスが話題になったためだとしている。来店客が写真撮影しそれをSNSにアップするというちょっとしたブームが起こり、「一蘭」の名前が瞬く間に広まった。

   さて、中華圏の人々に気に入られた独自のサービスというのは、テーブルに着く前に味の濃さやこってり度、麺の硬さ、秘伝のタレの量などが選べるオーダー用紙が渡される。自分好みのラーメンが出来上がるというわけだ。そして「空席案内板」というのがあり、明かりを点灯させ座席の状況を知らせている様子が珍しいようだ。座席は「味集中カウンター」と名付けられていて、自分の食べている姿が隣や前方から見えないように仕切りが置かれている。ある意味「個室」感覚で一人でラーメンを食べることができる。

   こうしたことから食べている写真をSNSにアップするだけで、その場所が「一蘭」と分かってしまうのだという。14年11月28日付けの人民網日本語版によれば、中国出身の女優で歌手の趙薇(ヴィッキー・チャオ)さんが中国版ツイッターの微博(ウェイボー)に、

「仕事モードはもう限界って感じ!」

というコメントと1枚の写真をアップした。写真は、趙薇さんが仕切りのあるカウンターに座り振り向いたものだが、その場所は「一蘭」店内だと俳優の鄧超(ダン・チャオ)さんが突き止めた、などと書いている。

   こうした人気により台湾など海外からの出店依頼が増えているという。海外は現在、香港に1店舗だが15年6月には香港に2号店を出店する予定になっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中