「IE」後継の新ブラウザー名は「エッジ」 ウィンドウズ10に標準搭載 米マイクロソフト

印刷

   米マイクロソフトは2015年4月29日、新OS「ウィンドウズ10」に標準で搭載されるウェブ用ブラウザーの名称を「エッジ」にすると発表したという。日本経済新聞などが伝えている。

   エッジは「インターネット・エクスプローラー(IE)」の後継にあたる。これまでは開発用のコードネーム「スパルタン」の名で呼ばれていた。

   IEはパソコンでの利用を前提に設計されていたが、エッジはパソコン、スマートフォン、タブレットなど、あらゆる端末での利用を想定して開発されたという。

   ページ上に自由に書き込める機能や、シンプルな表示にして閲覧しやすくする機能などを備える。また、マイクロソフトの音声アシスタント「コルタナ」と連動し、ユーザーを手助けする。

   ウィンドウズ10にはIEも搭載されるが、今後は開発の軸をエッジに移していく予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中