生みの親が「桃太郎電鉄を正式に終了」 ゲーム会社との間に何があったのか?

印刷

   大ヒットゲームシリーズ「桃太郎電鉄」の生みの親でクリエイターのさくまあきらさん(62)がツイッターで、ゲーム会社と担当者の実名をあげて激しく非難し、「桃太郎電鉄は、正式に終了します」と宣言した。

   「桃鉄」はゲーム会社ハドソンのシリーズだったが、2011年にハドソンがコナミの完全子会社となり、翌12年にコナミデジタルエンタテインメントに吸収合併された。この頃から、さくまさんとコナミの関係に齟齬が生じていたようで、さくまさんはこれまでもコナミに対する批判と「桃鉄」の終了を口にしていた。

  • さくまさんとコナミの間にどんなトラブルがあったのか
    さくまさんとコナミの間にどんなトラブルがあったのか

「桃鉄」の権利をコナミから買い取ろうとした?

   さくまさんは15年6月2日、自身のツイッターでこんなことをつぶやいた。

「コナミから何の連絡もない。こんな調子でずっとほったらかされた。ここに桃太郎電鉄は、正式に終了します。すべてコナミの○○が握り潰しました」(編集注:○○は実名)

   何が起きたのかというと、どうやら「桃鉄」シリーズの新作について担当者に何かを提案したところ、何の連絡もなかった、ということらしい。関係者のツイートによれば、15年5月末までに返事を貰える約束だったが6月2日になっても来ないため、こうした発表になったのだそうだ。さくまさんはこうもツイートしている。

「桃鉄の権利をコナミから買い取って、ほかのメーカーから発売すればという意見もある。だから、コナミにパーセンテージ払って発売することを提案。コナミの○○は上に聞きますと言いながら、その後も要求した返答なし。だから桃鉄を終了」(編集注:○○は実名)

   また「コナミはゲームを作れる会社ではないことが分かった」、などといった批判も展開し、こうした意見に賛同する人たちのリプライを自身のツイッターに掲載している。

   「桃鉄」は1988年に任天堂のファミコン用ソフトとして発売され、2010年まで21作の家庭用ゲーム・携帯型ゲームソフトが開発されたほか、携帯電話やスマホのアプリもある。ただし、ハドソンがコナミの完全子会社になった11年以降は家庭用ゲーム・携帯型ゲームソフトのリリースはなく、12年2月に出した携帯電話用アプリ「桃太郎電鉄TOKAI」が最終作品となっている。

以前にも「シリーズは終了する」

   さくまさんはコナミを批判するようになっていて、11年12月11日に「ニコニコ生放送」に出演した際には、「桃鉄」の開発陣のトップ4人のうちコナミは息苦しいと3人が辞めて行ったなどと説明し、「桃太郎電鉄 TOKAI」を最後にシリーズは終了する、と語ったり、12年9月1日には自身のツイッターで、

「コナミに○○という男がいるかぎり、桃鉄、桃伝はつくらないよ」(編集注:○○は実名)

などと批判をしていた。

   コナミデジタルエンタテインメントに対し、さくまさんとの間にどんなトラブルがあったのか、「桃鉄」はもう新作が出ないのかなどを聞くため広報に取材を申し込んだが「担当者は打ち合わせ中です」とのことで、15年6月3日夕現在、返事はまだ来ていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中