被害者・神田うのにナゼか冷たい芸能界 ナイナイ岡村「見る目ない」西川史子「泥棒にも三分の理」

印刷

   元ベビーシッターの女性(60)から窃盗被害を受けたことが明らかになった、タレントの神田うのさん(40)。被害総額3000万円相当という金銭的なダメージはもちろんだが、信頼していたシッターに裏切られた精神的なショックの方が大きいようで、会見では涙も見せていた。

   神田さんは紛れもなく「被害者」だ。芸能界からも同情の声が相次ぐ...と思いきや、この一件に関してはなぜか冷たい反応があちこちから出ている。

  • 松本人志さんは「プレゼンが上手くないから、被害者なのに可哀想に思えない」
    松本人志さんは「プレゼンが上手くないから、被害者なのに可哀想に思えない」

「盗りたいと思わせないようにすることも優しさ」

   神田さんは2015年6月2日、自身が手がけるウエディングドレスブランドの新作発表会後、囲み取材に応じ「悲しいです」と大粒の涙を流した。元シッターは雇っていた4人の中でも一番の古株。「一番信頼していた」「娘も懐いていた」といい、被害に関しても全く疑っていなかったそうだ。

   2日発売の「女性自身」によると、神田さんは高級ブランドのバッグやジュエリーが自宅からなくなっていることに気づき、14年1月に警視庁赤坂署に被害届を提出。同年11月に60歳の女性ベビーシッターが逮捕された。立件できなかったものも含めると、盗まれたのは約70点。時価にして約3000万円相当という。15年5月14日には東京地裁で懲役2年4か月の実刑判決が下されたが、女性は控訴しているそうだ。

   神田さんは高級バッグやジュエリー置き場に鍵はかけていなかったという。「脇が甘かった」ことは確かだが、だからといって大胆な窃盗を繰り返したシッターが許されるわけではない。ところが、この話題を取り上げたラジオやワイドショーでは、なぜか神田さんに対する厳しい意見が相次いだ。

   医師でタレントの西川史子さん(44)は3日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、神田さんに同情を示しつつも、

「ただ泥棒にも『三分の理』があるので、そこに物を置いていたら盗られても仕方がないって私は思うようにしているんです。だからそういう人が来る日は一切合切持って歩くようにしている」

と持論を語った。その上で「そういう盗りたいなって思う気持ちを起こさせないようにしてあげることも優しさなんじゃないかって思います」

と神田さんの落ち度を暗に指摘した。

シッター4人体制にブーイング、検索予測に「ざまぁ」

   4日放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)では、岡村隆史さん(44)が「ベビーシッターさんを見る目がなかったんちゃいますか」とバッサリ切った。

   自身はハウスキーパーを雇っているそうだが「ウチはこんなことないですから」。誠実な人柄がわかるエピソードをいくつか紹介し、「仲良うやらせてもらってます、ウチは」と強調した。

   ベビーシッターを雇っていた経験のあるタレントの長嶋一茂さん(49)も7日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、

「被害者なんですけど、貴金属類を目の届くところに置いていたのだから、多少なりとも自己責任はある。信頼関係を築いていた人に裏切られたのなら、自分も悪いんだと思わないと」

と語った。すると「ダウンタウン」の松本人志さん(51)は「この(涙をみせた会見)プレゼンが上手くないから、被害者なのに可哀想に思えない」と感想を述べた。

   ただ、松本さんはあくまで擁護の立場。神田さんは自身と同じく「勝ちキャラ」であるため、「少々嫌なことがあって被害を受けても、みんなかわいそがってくれない」と分析した。

   実際、報道後のインターネット上では、シッターを4人雇っていることに対するブーイングが起きたほか、ツイッターの検索窓では「神田うの」の予測ワード上位に「ざまぁ」(編注:ざまぁみろの意)が出てくる始末だ。今回の一件に関しては完全に被害者であるにもかかわらず、松本さんの言うとおり、神田さんに対する世間の目は必要以上に厳しいようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中