東国原氏「慎太郎死ね!」 石原氏との因縁語る

印刷

   元宮崎県知事の東国原英夫氏が2015年6月19日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)にゲスト出演し、元東京都知事の石原慎太郎氏を名指しして「死ね」と発言する一幕があった。

   石原氏に関する日刊ゲンダイの記事を紹介する中で、関谷亜矢子アナウンサーが東国原氏に対し、石原氏との関係について質問すると、氏は「面識はありますけどね、あんまり会話したこともないし、目を合わせたこともない」と微妙な返答をした。2人の間には2011年の都知事選で戦った経緯があったほか、東国原氏によれば2007年の宮崎県知事時代に都庁で開催された物産展でからかわれた因縁があったという。

   司会の島田洋七さんは、東国原氏が石原氏に対する本音をぶちまけている間は自ら大声を出して音を遮ると約束。東国原氏は「本当に言っていいんですか?」と念押しし、「慎太郎死ね!」と言い放った。結局、島田さんの大声は随分と遅れ、「モザイク無し」の状態に。東国原氏は慌てて「前言撤回、冗談ですからね」と訂正した。

   だが、番組最後には東国原氏自ら、

「ちょっと訂正させていただけますか。先ほど不適当な発言がありました。本当にこれはなかったことで、正確には、慎太郎さん、お亡くなりになって下さい」

と、再び踏み込んだ「暴言」を吐いた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中