女の子の頭をなでるゲームCMに賛否両論 「本当に気持ち悪い」「いや過剰反応だ」

印刷

   女の子の頭をなでて行うスマートフォン用ゲームのテレビCMについて、ツイッターなどでその是非が論議になっている。「不快になる」との声が出る一方で、「過剰反応だ」との反論も出ている。

   ゲーム会社「コロプラ」が手がける「バトルガール ハイスクール」は、女子校の新任教師が侵略者から地球を救おうと生徒たちと戦いに挑むという設定のものだ。

  • その内容が論議に
    その内容が論議に

なでると、女の子の豊満な胸も揺れて...

   教師は、女の子たちの頭をなでることで親しくなり、彼女らを戦わせることができるようになる。

   そのテレビCMは、2015年6月1日からスタートした。

   第1弾の「なでなで編」では、「Happy Birthday to You」の替え歌で名前を呼ばれた女の子のキャラが、手のマークで頭をなでなでされると、「先生~」と声を上げる。すると、女の子の周りはハートでいっぱいになり、その豊満な胸も揺れる。その後も、次々に女の子が現れ、なでられると、「落ち着きます~」「くすぐったいです~」と声を出していく。

   CMは、「学んで編」「バトル編」と第3弾までテレビで流された。両編は、女の子が手のマークでなでられるシーンは最後ぐらいで、それぞれ「先生のおかげです」「ほめてほめて」と女の子が声を上げる。

   CMが始まってからは、ツイッターなどで、深夜時間帯ばかりでなく子供も見るゴールデンタイムなどにも何度も流れていたとして、疑問や批判が相次いだ。

「あのCMは気持ち悪い」「お茶の間が凍りつく」「まるでエロゲー」「女性を馬鹿にしてる」...

   さらに、新聞の投書欄にも、批判的な意見が載った。朝日新聞の大阪地区の21日付朝刊「声欄」では、兵庫県在住の塾講師女性(39)による「女の子なでるゲーム 不快感」というタイトルの投書が出た。

今後は検討するも、CMは続ける考え示す

   投書では、「問題なのは、なでると無条件に喜ぶ愛玩動物のように女の子を見ている視点だ」と指摘し、「テレビCMに疑問を感じている」と明かした。この塾講師女性は、「私は塾で小・中学生を教えているが、褒める時に頭をなでたりしないし、塾も生徒の体に触れることを当然禁止している。学校現場でも生徒の頭を安易になでると問題になることがある」として、「不快感を覚える人もいるだろう」とも言う。そのうえで、企業はCMの是非を考えなかったのだろうかと疑問を投げかけていた。

   この投書も、ネット上では話題になった。

   その内容に共感する声も出ているが、一方で、「投書のような過剰反応は気持ち悪い」「これは言いがかりだと思う」「あくまでただのゲームだよ コレ」「現実と虚構の区別も出来ない」といった異論も多く出ていた。

   投書について、コロプラの広報担当者は、取材に対してこう答えた。

「どんな内容を流しても、視聴者のみなさま全員を納得させるものはできません。不快に思われる方もいらっしゃると理解しており、投書の意見はありがたく受け止めますが、それだけでCMを変えてしまうことはないです」

   ツイッターなどで相次ぐ疑問や批判については、「弊社として個々にどう考えるかということはありませんが、1つの参考として今後のことを検討したいと思っています」とした。ただ、会社には、電話やメールで直接反応が来ているとは聞いていないといい、ゴールデンタイムにも流れている可能性は認めながらも、CMは続けていきたい考えを示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中