IP電話の乗っ取り、名指しされた「レカム」が反論

印刷

   IP電話の「乗っ取り」が相次いでいるなか、調査した情報セキュリティー会社から 「乗っ取り」の原因が「IPビジネスホン AI‐900」にあると、名指しされた販売会社の「レカム」が反論した。2015年6月25日に「当社に関する一部報道について」を公表し、事実関係を含め、見解を述べた。

   情報セキュリティー会社のネットエージェントは、被害にあった会社を調査したところ、レカムが3月上旬~4月初旬まで販売した「IPビジネスホン AI‐900」を利用していたと、原因を特定。「主装置がインターネットに公開されていた」「初期パスワードのままで、かつ、初期パスワードがホームページに公開されていた」ことなどの理由をあげていた。

   これに対して、レカムは「発生内容や原因等について公表されているが、その内容は当社への調査や取材はなく、調査サービス会社独自の見解であるものと認識している」としたうえで、事実と異なる点があることや、ホームページにAI900の操作マニュアルが掲載されていることや初期パスワードがマニュアルに記載してあることについて、「他の通信機器等でも一般的にみられる」などと説明している。

   レカムによると、「AI‐900」を使った被害件数は74件、被害総額は約5000万円にのぼる。これまで「AI‐900」を利用している会社は特定できており、被害についても個別に対応してきた。現在、引き続き原因究明と再発防止に注力しているが、「原因や不正アクセスを行った者は特定できていない」としている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中